« 「(在来線は)新幹線よりはるかに大切な生命線」とは言うけれど | Main | 福岡-熊本間高速バス、今月から増発 »

近鉄、阪急、節電のため間引き運転へ

 節電の動きは、関西にまで及ぶことになりました。関西をエリアとする関西電力は、原子力に頼る割合が高く、原子力が使えなくなったら厳しくなるのです。関西電力は、15%の節電を要請しています。

 そこで近鉄と阪急は、7~9月の間、節電のため日中に間引き運転を行うようです(乗客の影響が大きい朝夕のラッシュ時は間引き運転をせず、通常ダイヤのままです)。週明けに関西電力から具体的な説明を受け、最終決定します。

 近鉄が間引き運転するのは、11時から16時の間。都市部の路線を中心に、運転本数を数%から十数%削減します。また、10両編成を6両編成にするなどのように、運行する車両の連結本数も減らします。なお、奈良県などの郊外で、1時間に2、3本ぐらいしか運転しないようなところは削減の対象ではありません。

 阪急については、12時から15時の時間帯を中心に間引き運転をしますが、具体的な内容はまだ決まっていません。

 近鉄、阪急の両社とも、駅の照明の一部消灯や冷房の調整を行うなどの節電策をとります。節電は近鉄、阪急の両社だけでなく、関西全体にわたる話です。ほかの鉄道会社にも影響する話です。すでに大阪市交通局のようにシミュレーションを行ったところもありますが、他社に波及しそうですね。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/select/biz/news/20110612k0000m020122000c.html)

|

« 「(在来線は)新幹線よりはるかに大切な生命線」とは言うけれど | Main | 福岡-熊本間高速バス、今月から増発 »

鉄道」カテゴリの記事

近鉄」カテゴリの記事

阪急」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 近鉄、阪急、節電のため間引き運転へ:

» 節電策 [淡海の国から on blog]
単に電車を走らせるだけでなく、空調、運行システム、電光掲示板、自動改札、駅中のコンビニ、Webサイトによる情報提供等々、鉄道会社の電気への依存は私がガキだった頃 [Read More]

Tracked on 2011.06.14 05:44 AM

« 「(在来線は)新幹線よりはるかに大切な生命線」とは言うけれど | Main | 福岡-熊本間高速バス、今月から増発 »