« 九州新幹線とそのライバルたち(2) | Main | 九州新幹線とそのライバルたち(4) »

九州新幹線とそのライバルたち(3)

 熊本市内の足は路面電車。路面電車は線路上しか走らないので、不慣れな人にもわかりやすい。路面電車の熊本駅前停留所は改良され、駅側に寄せられるとともに、大きな屋根がついた。(風が吹かない限り)雨に濡れずにJRの駅から路面電車に乗ることができるのだ。熊本駅前から南は、路面電車の軌道が西側に寄せられ、芝生が植えられている。せっかくだから、2駅歩いて南端の田崎橋から乗る。

 田崎橋を出たときはガラガラだったが、熊本駅前で座席が埋まり、立客も出るようになった。辛島町でA系統からB系統に乗り換え。「TO熊カード」の場合、料金箱のカードリーダーにそのまま通せば、運賃は1回分の150円で済む(ただし、乗り換えは20分以内)。反対側のホームに行き、B系統の上熊本駅前行きを待つ。やってきた電車は、何と低床電車。最新型でラッキーだ。

 上熊本からは熊本電鉄。ロータリーを隔てたところに熊本電鉄の駅がある。とは言っても1面1線の小さな駅。電車も朝から晩まできれいな30分間隔。朝夕のラッシュとも無縁だ。

 やがてやってきたのは「青ガエル」。かつて東急で活躍した車両だ。1両で走るため、上熊本側に運転席を取り付けている。もともと運転席のあった北熊本側と比べると、その違いは明らかだ。貫通路もそのまま残っているから。「青ガエル」には冷房がない。50年以上前の電車だから当たり前と言えば当たり前だが、今となっては貴重な非冷房車。扇風機が忙しく回っている。10分ほどで終点の北熊本に到着。藤崎宮前、御代志のいずれも乗り換えとなる。「青ガエル」はそのまま上熊本に折り返すと思ったら、御役御免のようで、ほかの車両に交代。何と出てきたのは、元南海の「ズームカー」。増結用の2両編成のタイプだ。

 御代志でそのまま折り返すのも面白くないので、ほかの方法を考える。御代志は1面1線の駅だが、電車を降りると向かい側がバス停になっているのだ。1本のホームを電車とバスが使いあっている。ふとバス停の時刻表を見ると、12:34発の便がある。電車の出発より7分早い。そうこうしているうちにバスが来た。運転士に訪ねたところ、交通センターまで渋滞がなければ40分、運賃は400円もかからない。スピードが電車と互角で安いのなら一度試してみよう。バスの客となる。御代志に着くころにはガラガラとなっていた電車と違い、こちらは席が埋まりつつある。昼間なので渋滞もなく、40分足らずで通町筋に到着(これでも所定のダイヤより5分ほど遅れているのだが)。380円だった。

 でも、そんな状況では、渋滞するであろう朝はともかく、昼間の鉄道の存在意義は薄い。バスに比べて遅くて高いのだ。熊本側のターミナルが中途半端なところにあるため(熊本側のターミナル、藤崎宮前はパチンコ屋のあるビルに間借りしているような駅)、どうしても中心部に行くバスに比べて不利な立場にある。熊本電鉄自体もそのことを認識しているのか、2004年に中心部へLRT方式での乗り入れを求めていた(それができないのなら、鉄道自体を廃止)。この話はどうなったのであろうか?

 お昼は熊本ならではの馬肉。通町筋のバス停で降り、アーケードから外れた細い筋に予約していた「菅乃屋」がある。店に入ったが、5分ほど待たされる。13時を過ぎていたので、特に予約しなくてもさほど待たずに入ることができたようだが、「安心料」みたいなものだろう。頼んだのは、2500円の「石焼ランチ」。馬刺しと馬肉の石焼がメインの料理だ。これからもまだ動き回るので、アルコールは頼まない。1時間ほどかけて、じっくり馬肉を楽しむ。

 おいしいものを食べた後はちょっと運動。熊本城に行く。天守閣には10年以上前に行ったことがあるので、今回の狙いは2008年に復元された本丸御殿(大広間)。本丸御殿は大名の政治・生活の場であり、金に彩られた豪華な障壁画に驚かされる。(続く)
(参考:熊本電鉄の市電への乗り入れ、およびLRT化計画の実現可能性 http://www.jsce.or.jp/library/open/proc/maglist2/00039/200506_no31/pdf/159.pdf)

|

« 九州新幹線とそのライバルたち(2) | Main | 九州新幹線とそのライバルたち(4) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

九州・沖縄」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

 たべちゃんさん今晩は。
 熊電は、熊本市内のターミナルが上熊本と藤崎宮前と中途半端な位置に有ります。
 熊本市電乗入れも実現しそうにないみたいだし、もう、鉄道廃止でバス化しか残されてないようです。

Posted by: パノラマハイパー | 2012.01.16 06:27 PM

 パノラマハイパーさん、おはようございます。

* 熊電は、熊本市内のターミナルが

 この問題が解決しないと、最悪の場合、路線の廃止になってしまう危険性がありますね。

Posted by: たべちゃん | 2012.01.17 04:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 九州新幹線とそのライバルたち(3):

« 九州新幹線とそのライバルたち(2) | Main | 九州新幹線とそのライバルたち(4) »