« 常磐、仙石、石巻線の一部区間、内陸部に移設へ | Main | なばなの里への100円アクセスバス開設! »

リニアの地下駅は地下何メートルのところにできる?

 2027年開業予定のリニア新幹線品川-名古屋間のうち、両端の品川、名古屋駅と、相模原市にできる駅(橋本?)は地下駅となります。それらの地下駅は地下何メートルぐらいのところなのでしょうか?

 JR東海が27日に公表した環境影響評価(アセスメント)方法書の中でそれは明らかになりました。の延長は400メートルで、ポイントなどを含めると1キロあります。幅は地上駅(甲府市付近、飯田市付近、中津川市西部)は50メートル、地下駅は60メートルあります。地上駅はいずれも全体を屋根で覆います。

 地上駅は3駅とも地上20メートルのところにできます。地下駅の深さは駅によって異なり、品川が40~50メートル、相模原市が20~30メートル、名古屋は30~40メートルとなります。駅全体の敷地面積は地上駅、地下駅のいずれも約3.5ヘクタールです。

 また、中津川には車両基地・工場ができます。その延長は2.5キロ、幅は500メートル、面積は約70ヘクタールです。相模原には車両基地ができます。工場がない分狭く、50ヘクタールほどです。
(参考:中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011092890003404.html、岐阜新聞ホームページ http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20110928/201109280041_15027.shtml)

|

« 常磐、仙石、石巻線の一部区間、内陸部に移設へ | Main | なばなの里への100円アクセスバス開設! »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/52855710

Listed below are links to weblogs that reference リニアの地下駅は地下何メートルのところにできる?:

« 常磐、仙石、石巻線の一部区間、内陸部に移設へ | Main | なばなの里への100円アクセスバス開設! »