« 常磐、仙石、石巻線の一部区間、内陸部に移設へ | Main | なばなの里への100円アクセスバス開設! »

リニアの地下駅は地下何メートルのところにできる?

 2027年開業予定のリニア新幹線品川-名古屋間のうち、両端の品川、名古屋駅と、相模原市にできる駅(橋本?)は地下駅となります。それらの地下駅は地下何メートルぐらいのところなのでしょうか?

 JR東海が27日に公表した環境影響評価(アセスメント)方法書の中でそれは明らかになりました。の延長は400メートルで、ポイントなどを含めると1キロあります。幅は地上駅(甲府市付近、飯田市付近、中津川市西部)は50メートル、地下駅は60メートルあります。地上駅はいずれも全体を屋根で覆います。

 地上駅は3駅とも地上20メートルのところにできます。地下駅の深さは駅によって異なり、品川が40~50メートル、相模原市が20~30メートル、名古屋は30~40メートルとなります。駅全体の敷地面積は地上駅、地下駅のいずれも約3.5ヘクタールです。

 また、中津川には車両基地・工場ができます。その延長は2.5キロ、幅は500メートル、面積は約70ヘクタールです。相模原には車両基地ができます。工場がない分狭く、50ヘクタールほどです。
(参考:中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011092890003404.html、岐阜新聞ホームページ http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20110928/201109280041_15027.shtml)

|

« 常磐、仙石、石巻線の一部区間、内陸部に移設へ | Main | なばなの里への100円アクセスバス開設! »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リニアの地下駅は地下何メートルのところにできる?:

« 常磐、仙石、石巻線の一部区間、内陸部に移設へ | Main | なばなの里への100円アクセスバス開設! »