« 西武拝島線に臨時特急運転 | Main | 道東道、200キロ走ってもガソリンスタンド・売店なし »

山梨県内のリニア駅は甲府市内になる見込み

 甲府盆地南部とされる、山梨県内のリニア中央新幹線の駅。甲府市、甲斐市、中央市、昭和町の3市1町にまたがる地域です。その具体的な場所として、甲府市大津町が有力のようです。

 9月になって、甲府市などの3市1町が県に対して、駅の候補地を2つ提示することによって話は進みました。中央道甲府スマートインターチェンジ(仮称)に近い甲府市大津町周辺と、JR身延線の小井川駅周辺です。県は、JR東海や地元市町と協議し、用地取得の容易さや県内からのアクセスの良さを考慮して、駅の候補地を絞り込みました。その結果、中央道や新山梨環状道路とのアクセスの良さと住宅地の少なさから、甲府市大津町周辺を駅の設置場所とする方向で最終調整に入りました。11月2日に開催する建設促進県期成同盟会(市町村や経済団体がつくります)で、横内知事が正式に表明する見込みです。その後に、駅の活用策や費用負担の方法などの本格的な協議に入る予定です。

 もっとも、甲府市大津町の場合は、道路のアクセスは良くても、鉄道の駅が近くにないという問題点があります。一時はJR甲府駅(7~8キロ離れています)との間にモノレールや路面電車を建設する構想もありましたが、建設費が(高架線の建設が必要な)モノレールの場合1キロ当たり最大190億円、路面電車でも1キロ当たり最大25億円もすることから、バスで行うようです。バスなら専用レーンをつくっても1キロ当たり5~7億円で済むからです。

 ただ、バスの場合は、渋滞に巻き込まれて、定時運行できないという欠点があります。それをカバーするため、現在一部が市道として使われている、荒川沿いの堤防に専用レーンを整備します。専用レーン以外の一般道部分では、バスが信号機に近づくと青信号になるシステムを検討しているようです。
(参考:asahi.com http://mytown.asahi.com/yamanashi/news.php?k_id=20000001110180002、http://mytown.asahi.com/yamanashi/news.php?k_id=20000001209210001、毎日jp http://mainichi.jp/area/yamanashi/news/20111019ddlk19020020000c.html)

|

« 西武拝島線に臨時特急運転 | Main | 道東道、200キロ走ってもガソリンスタンド・売店なし »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/53025948

Listed below are links to weblogs that reference 山梨県内のリニア駅は甲府市内になる見込み:

« 西武拝島線に臨時特急運転 | Main | 道東道、200キロ走ってもガソリンスタンド・売店なし »