« リニアの地下駅は地下何メートルのところにできる? | Main | アクアラインにも「ツアーバス」 »

なばなの里への100円アクセスバス開設!

 冬の人気イベントとなっている、なばなの里のウインターイルミネーション。今シーズンは11月3日から2012年3月11日まで開催されます。今年で8回目を迎えますが、課題は付近の交通渋滞。

 そこで近鉄と三重交通は、ウインターイルミネーション期間中、なばなの里へのバスを桑名駅前発着から近鉄長島駅前発着に変え、運賃を100円にします。普段は急行が通過する近鉄長島ですが、ウインターイルミネーション期間中、休日の一部列車(上下11本)が近鉄長島駅に停車します。

 近鉄長島駅前からのバスは、なばなの里まで渋滞がなければ10分で結びます。運行時間は近鉄長島駅前が9:50~19:28、なばなの里発が10:10~21:05(休日は22:00)、1時間に1~3本運転します。運賃は本来200円かかるところですが、路線開設記念として半額の100円になります。ただし、回数券やバスカードは使えません。また、近鉄長島駅前からのバスが運行されているウインターイルミネーション期間中、桑名駅前からのバスは運休になります。参考ながら、桑名駅前からのバスはノンストップ(途中に停車するのは1~1.5往復のみ)なので、運休になっても沿線利用客には問題ありません。

 また、10月11日から2012年3月11日までの間、近鉄の特急券売り場のある駅で、近鉄長島までの近鉄往復割引乗車券、近鉄長島駅前-なばなの里間のアクセスバス往復乗車券、なばなの里入村券、なばなの里内の施設で使える金券1000円分(500円分×2)をセットにした、「なばなの里ウインターイルミネーション 近鉄電車&バス割引セットきっぷ」を発売します(利用期間は11月3日から2012年3月11日、近鉄は同3月12日、なばなの里金券は同4月30日まで)。近鉄とバスは乗車開始日から連続2日間有効、なばなの里は入村券、金券ともに1回限り有効です。主な駅からの発売額は、大阪難波が大人5200円、子供3650円。近鉄名古屋が大人2700円、子供2400円です。

(追記)
 なばなの里のウインターイルミネーションは今シーズンも行われます。ウインターイルミネーションは2012年11月3日から2013年3月31日まで行われます。

 近鉄は開催期間中の休日ダイヤ実施日、昨シーズンに引き続いて近鉄長島駅に急行を臨時停車させます。臨時停車する急行は大幅に増えて上下31本です。三重交通は通常の桑名駅前-なばなの里間の路線バスを休止して、近鉄長島駅-なばなの里間に臨時バスを走らせます。期間は2012年11月3日から2013年3月31日までの毎日です。運行時間は昨シーズンとほぼ同じですが、近鉄長島駅発の最終は平日は30分程度、休日は1時間あまり遅くなっています。運賃は大人200円で、回数券、バスカードも利用できます。

 近鉄長島までの近鉄往復割引乗車券、近鉄長島駅前-なばなの里間のアクセスバス往復乗車券、なばなの里入村券、なばなの里内の施設で使える金券1000円分(500円分×2)をセットにした、「なばなの里ウインターイルミネーション 近鉄電車&バス割引セットきっぷ」も発売されます。主な駅からの発売額は、大阪難波が大人5300円、子供3600円。近鉄名古屋が大人2800円、子供2350円と、若干変わっています。
(参考:近鉄ホームページ http://www.kintetsu.jp/news/files/nabananosato110930.pdf、http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/120927nabananosato.pdf)

|

« リニアの地下駅は地下何メートルのところにできる? | Main | アクアラインにも「ツアーバス」 »

バス」カテゴリの記事

近鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/52883698

Listed below are links to weblogs that reference なばなの里への100円アクセスバス開設!:

« リニアの地下駅は地下何メートルのところにできる? | Main | アクアラインにも「ツアーバス」 »