« 修学旅行で「みずほ」「さくら」に乗れず | Main | 札沼線の電化は「二段階」で »

リニア中間駅建設費、JR東海も一部負担か?

 東京(品川)と名古屋を結ぶリニアは、沿線の神奈川、山梨、長野、岐阜の各県にひとつずつ駅を設置します。駅の大雑把な位置は公表され橋本、甲府盆地南部、高森町と飯田市にまたがる天竜川右岸平地部、中津川市西部が有力視されています。

 これらの中間駅の建設には、地上駅でも350億円、地下駅だと2200億円もかかります。JR東海は、これらの金額を全額地元に負担させようとしていました。しかし、駅は地元のためだけにできるのではありません。非常時の設備の要素もあります。各県ひとつならオーバーな要求でもなく、妥当なところです。それなのに、全額地元に負担させるというJR東海の方針は、行きすぎのところがあり、各県は反発していました。

 そこでJR東海も、柔軟な姿勢を見せることになりました。中間駅の建設費を、沿線各県に全額負担させる方針を見直し、一部負担する可能性を見せているのです。具体的な負担額は、年内に行われる各県との協議で提示されます。さすがに全額地元に負担させるのは行きすぎで、ある程度はJR側も負担しないといけないでしょう。
(参考:朝日新聞10月14日朝刊 中部14版)

|

« 修学旅行で「みずほ」「さくら」に乗れず | Main | 札沼線の電化は「二段階」で »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リニア中間駅建設費、JR東海も一部負担か?:

« 修学旅行で「みずほ」「さくら」に乗れず | Main | 札沼線の電化は「二段階」で »