« 宇都宮市、LRT導入に向けて再出発か? | Main | 南海和歌山大学前は2012年4月1日に開業 »

東急、蒲蒲線建設を検討か?

 東急の蒲田駅(JRと同じ場所)と京急の京急蒲田駅は800メートルほど離れています。東急沿線から羽田空港に行く場合、両駅の間を歩くかバスに乗らないといけません(ただし、バスの運賃は100円です)。もしくは、蒲田から羽田空港行きのバスに乗ります。

 そこで東急は、前々から構想があったようですが、東急と京急を結ぶ蒲蒲線をつくることを考えています。東急蒲田駅から線路を伸ばして京急に接続させることで、外国人客の取り込みを図りたいようです。15日までに投資家説明会などで説明しました。国はこの路線の建設に前向きなため、国などに支援を求める考えです。

 もっとも、東急と京急は軌間が異なるため、このままでは直通運転できません。直通運転しようとすれば、フリーゲージトレインの導入が必要です。これから東京都など関係者の合意を取り付ける段階なので、実現したとしてもまだ先とみられます。

(追記)
 大田区の資料(「新空港線『蒲蒲線』整備調査のとりまとめ」 平成24年版)によれば、蒲蒲線は東急多摩川線矢口渡駅から分岐し、蒲田駅地下に東急蒲田地下駅、京急蒲田駅付近に南蒲田駅を設置し、京急空港線の大鳥居駅で合流する、3.1キロの線路です。全線単線です。

 問題となるのは、東急と京急の軌間の違い。実は、東急蒲田地下駅で乗り換えさせるのです。東急蒲田地下駅は1面2線の駅。向かいの電車に乗り換えることにより、軌間の違いをクリアするのです。直通はしないのです。

 なお、東急多摩川線の改良が必要でしょうが、東急蒲田地下駅には東横線の急行が直通します(もちろん、東京メトロ副都心経由で、西武池袋線や東武東上線とつながります)。現在、渋谷から羽田空港まで品川経由だと43分かかりますが、蒲蒲線経由だと32分になるようです(東急蒲田地下駅から羽田空港へは各駅停車で行くという前提です)。
(参考:asahi.com http://www.asahi.com/business/update/1115/TKY201111150657.html、京浜急行バス・羽田京急バスホームページ http://www.keikyu-bus.co.jp/img/line/fare/ohmori_haneda.pdf、日経ケンプラッツ http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20120810/579309/)

|

« 宇都宮市、LRT導入に向けて再出発か? | Main | 南海和歌山大学前は2012年4月1日に開業 »

京急」カテゴリの記事

東急」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

フリーゲージトレイン開発で問題となっているのは新幹線での高速化やカーブ高速通過時の横圧らしいので、都市近郊区間では導入の実現性は高いでしょうね。

当分先の話になると思いますが蒲蒲線&フリーゲージトレインで東急多摩川線から京急羽田線へ乗り入れが実現すれば、目黒線や副都心線経由で三田・南北・西武池袋・東武東上各線から羽田へ直通運転も可能となります。比較すべきではないかも知れませんが、数兆円かかるリニア新幹線よりむしろ蒲蒲線の方が、短いながらも高いポテンシャル・投資効果を秘めた新線計画のような気がします。是非実現してほしいです。

Posted by: miyahara | 2011.11.21 at 04:41 PM

 miyaharaさん、おはようございます。

* フリーゲージトレイン開発で問題となっているのは

 長崎新幹線よりは、フリーゲージトレインを導入することによる技術的な障壁は小さいですね。

* 当分先の話になると思いますが蒲蒲線&フリーゲージトレインで東急多摩川線から

 東急多摩川線から東横線、目黒線に乗り入れないと効果がありません。乗り入れたら、地下鉄を経由してネットワークはかなり広がりますが、その分、高価なフリーゲージトレイン車両がたくさんいりますね。

 難しいところです。

Posted by: たべちゃん | 2011.11.22 at 05:06 AM

フリーゲージトレインを大量に製造するのと、羽田線を三線化するのと、どちらが現実的で、費用や手間がかからないのでしょう?

京急にはかつての大師線や今の逗子線で三線区間運営のノウハウがあります。車両限界の問題や工事のための長期間運休の問題などもあり、実際には難しいのかも知れません・・・

Posted by: miyahara | 2011.11.23 at 03:10 AM

 miyahara さん、おはようございます。

* フリーゲージトレインを大量に製造するのと、羽田線を

 正直なところ、どちらがいいのでしょうか? どちらにしても多額の費用がかかるでしょうね。

Posted by: たべちゃん | 2011.11.23 at 06:47 AM

CGTは軌道変換区間の通過に5分程度かかるようですが、大都市の列車密度の高い区間で、5分も線路を塞ぐようでは、他の列車の運行の支障になります。

また、重量の重さに伴うエネルギー消費や騒音、保線費用も問題になるでしょう。

結局、多摩川線を京急蒲田まで地下線で延長し、乗換してもらうしかないでしょう。

Posted by: かにうさぎ | 2011.11.24 at 11:04 AM

 かにうさぎ さん、おはようございます。

* CGTは軌道変換区間の通過に5分程度かかるようですが、

 新幹線では出てこなかった、そういう問題点もあるのですね。蒲蒲線にどれだけの電車が走るかはわかりませんが。

* 結局、多摩川線を京急蒲田まで地下線で延長し、

 京急蒲田は高架駅ですので、東急を地下で延長しても、乗り換えに時間がかかります。効果は薄くなりますね。

Posted by: たべちゃん | 2011.11.25 at 04:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/53263963

Listed below are links to weblogs that reference 東急、蒲蒲線建設を検討か?:

» 蒲蒲線構想 [かにうさぎの部屋]
東京急行電鉄蒲田駅(東京都大田区)と京浜急行電鉄蒲田駅を結ぶ新路線「蒲蒲(かまか [Read More]

Tracked on 2011.11.17 at 08:32 PM

« 宇都宮市、LRT導入に向けて再出発か? | Main | 南海和歌山大学前は2012年4月1日に開業 »