« 川越に総合駅構想 | Main | 白山市など、博多南駅タイプの新駅を要望 »

土佐電の外国電車、10月にカードリーダーを取り付けて定期運行復活!

 土佐電鉄には、外国で走っていた路面電車があります。土佐電鉄の開業85周年を記念し、「世界の電車が走る街」をPRしようと、1990年からドイツ、オーストリア、ノルウェー、ポルトガルの路面電車を導入したのです。

 しかし、外国電車はワンマン運転やICカード(「ですか」)に対応していないため、定期運行ができなくなってしまいました。改造にコストがかかるためです。そのため、イベント開催時などを除いてめったに走らず、車庫で眠り続けることになってしまいました。ところが、これらの外国電車などにICカードリーダーを取り付け、10月から定期運行を行います。

 10月から走るのは、オーストリア、ノルウェー、ポルトガルから来た路面電車と、明治時代の車両を復元した「維新号」。高知駅前から枡形電停までの区間、10時から16時まで1時間間隔で運転します。高知駅前では約30分停車し、観光客に対してPRを行います。

 もちろん、ワンマン運転には対応できないので、観光アテンダント(沿線の観光案内をします)を兼ねた車掌が乗ります。決して外国電車は効率のよい運用ができず、車掌の人件費などがかさむ結果となりますが、観光客や乗客の誘致ができればよいですね。もっとも、これで経営の足を引っ張る結果となったら元も子もないのですが。土佐電鉄の経営は思わしくないようですから。
(参考:asahi.com http://www.asahi.com/travel/rail/news/OSK201201130171.html)

|

« 川越に総合駅構想 | Main | 白山市など、博多南駅タイプの新駅を要望 »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 土佐電の外国電車、10月にカードリーダーを取り付けて定期運行復活!:

« 川越に総合駅構想 | Main | 白山市など、博多南駅タイプの新駅を要望 »