« 惜別「きたぐに」と長野電鉄の旅(3) | Main | 名古屋市地下鉄、携帯電話使用可能に »

「サザン・プレミアム」に乗ってきました

 前の旅行記の続きです。


 難波への高速バスの発車は22時ちょうど。高速バスの乗り場は、長野駅から少し離れた、コンビニの前。待合室の類はない。お土産を買い、駅の待合室で時間をつぶすが、寒い。発車時刻の少し前にバスはやってきた。今日は2台で運行。長野電鉄のバスだ。前の1号車に座る。バスは姨捨サービスエリアで20分ほど休憩するだけで、あとは車外に出ることはできない。ただ途中では停まっていたので、時間調整を兼ねた運転士の休憩はあると思われるが。予定より少し早くなんば高速バスターミナルに到着。

 新型車両「サザン・プレミアム」の運行ダイヤは南海のホームページで公表されている。今日(2011年12月29日)は「サザン5号」(難波8:14発)に使われる。難波に8:05に着く「サザン6号」の折り返しだ。「サザン」は和歌山市のほうに座席指定車、難波のほうに自由席車がつく。どちらも4両ずつだ。さて、和歌山市からやってきた「サザン6号」、混んでいるのは自由席車でも一番難波寄りの1両だけで、ほかの車両は自由席車でも空席が見られる。もちろん、御用納めは昨日のことだし、南海はすでに新今宮、天下茶屋で客を降ろしているので、難波の状況だけでは判断できないのは当然だが。

 難波での整備を終え、座席指定車も乗車可能となる。ただ、座席指定車はガラガラ。新今宮や天下茶屋で乗ってきたが、それでも空いている。「サザン・プレミアム」は、南海の女性社員の意見を参考に改良が加えられている。500円払ってもらう価値のある車両をつくるためだ。ただ、途中トイレに入ったが、どうせなら温水洗浄便座にしてもらいたかったところだ。「サザン」は南に向かって進む。箱作あたりで海が見えると心が和む。2012年4月に開業予定の和歌山大学前(線路の切り替えも終わっていた)を過ぎ、終点和歌山市に着く。

 そのまま折り返しの「サザン16号」(和歌山市9:30発)に乗る。今回乗るのは自由席車。「サザン・プレミアム」は併結する自由席車も新しい車両。8000系がつく。自由席車は和歌山市の段階で椅子が埋まりつつある。しかし、座席指定車は行きよりはよいが、空席が目立つ。やはり座席指定車は2両で充分だ。自由席車を6両にしたほうがバランスがとれる。それにしても8000系、JR東日本を中心に関東の私鉄でよく見られるタイプの車両だが、椅子が硬い。確かにお行儀よく座れ、鉄道会社にとってはありがたいかもしれないが、座っている立場からすれば、いい椅子ではない。ソファみたいなロングシートに慣れた身にとってはなおさらだ。

|

« 惜別「きたぐに」と長野電鉄の旅(3) | Main | 名古屋市地下鉄、携帯電話使用可能に »

鉄道」カテゴリの記事

南海・泉北」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「サザン・プレミアム」に乗ってきました:

« 惜別「きたぐに」と長野電鉄の旅(3) | Main | 名古屋市地下鉄、携帯電話使用可能に »