« JR九州、N700系1編成増備で修学旅行に対応へ | Main | Peachの機内で南海の割引切符販売 »

大阪市交通局、市バス運転手の給与4割削減へ

 橋下大阪市長は、民間に比べて高いといわれる、現業職員の給与を民間並みに下げようとしています。運賃収入に見合った給与体系にするようにしています。市役所全職員の給与は2012年度から平均7.2%削減されますが、交通局の現業職員(約5400人)はさらに下がります。

 とは言っても、地下鉄はあまり下がりません。地下鉄部門の職員の平均給与は関西の大手私鉄5社の平均664万円よりも1割高い734万円ですが、民間と大きく差が開いているわけではないので、数%の削減にとどまる見通しです。

 大きく下がるのは、市バス。運転手は約700人いますが、関西の大手私鉄5社の平均は544万円(44.5歳)、これに対して市バスは739万円(49.7歳)です。平均年齢が高いことも原因にはあるでしょうが、かなり高いです。交通局は1月下旬、市長の指示を受けて民間の平均を上回る、2割強の削減案を市長に提案しましたが、市長に拒否されました。交通局は改めて案を練り直し、大手5社のうち最低水準の近鉄(447万円)、南海(441万円)程度にまで引き下げる方針です。地下鉄との差は、双方の収益の差に起因しているのでしょうか? 市バスは赤字続きですから。

 4月から給与を下げる予定ですが、実際に給与を下げるためには、労使交渉での妥結を経て、議会で可決する必要があります。何しろ削減幅が4割ですから、いくら民間よりかなり高いとはいえ、簡単に交渉がまとまるわけではありません。橋下市長自身、数%しか削減されない地下鉄部門にも負担させるとか、段階的な削減にするとかの方法でも構わないと考えているようです。

(追記1)
 大阪市交通局は5月15日に労働組合との間で行われた団体交渉において、バス部門のみならず地下鉄部門も含めた全職員の給与を年齢や職務給別に5~20%削減する案を提示しました。この案は8月から実施する予定で、年間で42億円の人件費削減を狙っています。なお、組合側はこの案に反発し、合意には至っていません。

(追記2)
 7月10日、大阪市交通局と労働組合との間で4回目の労使交渉が行われました。交通局側は、組合員の削減率を少し減らして3~19%とするとともに、管理職を一律20%削減することを提示しました(全体の削減額は42億円なので、5月のときの案とほとんど変わりません)。この案を組合側も受け入れ、交渉は妥結しました。8月から給与は削減されることになります。
(参考:MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120226/waf12022622420017-n1.htm、http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120515/lcl12051513390004-n1.htm、毎日jp http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120226ddm041010167000c.html、http://mainichi.jp/kansai/news/20120228ddn041010011000c.html、YOMIURI ONLINE http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120515-OYO1T00715.htm、NHK NEWS http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120710/k10013490961000.html)

|

« JR九州、N700系1編成増備で修学旅行に対応へ | Main | Peachの機内で南海の割引切符販売 »

大阪市高速電気軌道」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

カット率が大きすぎるのが問題なんですよね。業界内では4割カットだと退職する人が多数出て運転士不足になると指摘されていますね。私もまずは2~3割のカットとするのが現実的と考えています。
まあ4割カットを強行すると、スカイマークのように「運転士が確保できなかったため」という理由での運休が多発します。

もっとも、ある程度の路線削減を行えば確保できる可能性はありますが、4月からというのは急すぎで無理があるでしょう。それに橋下市長も赤字路線に対して市税を注入する方針ですから、結局は市税の注入という形で、しばらくの間は2~3割程度のカットになるのかなと予想しております。

Posted by: うえしょう | 2012.02.29 10:09 PM

 うえしょうさん、おはようございます。

* カット率が大きすぎるのが問題なんですよね。

 確かに民間並みになる2割の削減ができれば上出来の部類でしょう。

* もっとも、ある程度の路線削減を行えば確保できる可能性はありますが、

 「赤バス」のようなどうにもならないところは、廃止しないとやっていけないでしょう。というより、大阪市の2012年度予算案からは、「赤バス」の赤字補てん措置が全面凍結されています。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/kansai/news/20120220ddf041010030000c.html

Posted by: たべちゃん | 2012.03.01 04:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大阪市交通局、市バス運転手の給与4割削減へ:

« JR九州、N700系1編成増備で修学旅行に対応へ | Main | Peachの機内で南海の割引切符販売 »