« セ・リーグも予告先発導入 | Main | 青森県、北海道新幹線140キロ運転なら地元負担軽減要請か? »

粟生線各駅から三宮まで片道500円の回数券、発売

 兵庫県などの支援により、廃止の危機が少し遠のいた神戸電鉄粟生線。ただ、根本的な解決のためには、利用者を増やさないといけません。

 沿線住民にとって不満は、神戸電鉄の運賃が高いこと。当たり前と言えば当たり前ですが、阪急や阪神に比べて明らかに高く(山陽電鉄と同程度)、しかも三宮に行くには神戸高速の運賃が加算されるため、さらに高くなります。2011年5月に三木市の自由が丘地区自治会連合会が実施した住民アンケート(全5484世帯中4507世帯が回答)でも、神戸電鉄の運賃は88%が高いと回答しています。さらに、48%の世帯が、昼間の運賃(志染-三宮間で720円)を500円に値下げするのを望んでいます。また、兵庫県や沿線の各市、神戸電鉄などでつくる神戸電鉄粟生線活性化協議会が2011年9月に沿線住民を対象に行ったアンケートでも、運賃の高さを指摘する意見が多くありました。

 そこで誕生したのが、「粟生線~三宮 平日昼間&土休日お得きっぷ」。2月25日から5月31日のみの期間限定の切符です。期間中の各月の25日から翌月末までの間(2月25日~3月31日、3月25日~4月30日、4月25日~5月31日)、平日昼間(10~16時に入場)及び休日(終日)に、神戸電鉄粟生線各駅から神戸高速各駅(阪急三宮・阪神三宮-西代間)間で利用できる切符4枚(2往復分)がセットになったもので、2000円(1枚あたり500円)です。粟生線で一番近い鈴蘭台西口でも三宮まで片道530円かかるので、確実に安くなっています。ただし、大人のみの発売で、子供の設定はありません。また、発売箇所は限定されていて、駅やその近くの委託販売所では買えないところもあります。

 先ほども書いたように、この「粟生線~三宮 平日昼間&土休日お得きっぷ」は期間限定の切符です。ただ、神戸電鉄サイドでは、利用客数や収入の増加につながれば、発売の継続も検討するようです。神戸電鉄粟生線の存続のためには、一人でも多く利用することが大切です。この切符がそれに役立てばいいですね。

(追記)
 この「粟生線~三宮 平日昼間&土休日お得きっぷ」、5月までの試験販売時は後半の発売数が減少したため、販売継続には至りませんでした。

 しかし、販売継続を求める声が多かったため、10月1日から2013年3月31日までの間、再度販売することになりました。前回同様、有効期間を期間中の各月の25日から翌月末までの間(ただし10月分は10月1~31日)に分けて行います。
(参考:神戸電鉄ホームページ http://www.shintetsu.co.jp/release/2011/120217.pdf、http://www.shintetsu.co.jp/release/2012/120913-2.pdf、神戸新聞NEXT http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/0004831622.shtml)

|

« セ・リーグも予告先発導入 | Main | 青森県、北海道新幹線140キロ運転なら地元負担軽減要請か? »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 粟生線各駅から三宮まで片道500円の回数券、発売:

« セ・リーグも予告先発導入 | Main | 青森県、北海道新幹線140キロ運転なら地元負担軽減要請か? »