« 「Kaeruくん」廃止か? | Main | 北海道新幹線、時速320キロ運転で東京-札幌間4時間33分 »

三田に関西初の連節バス

 バスは普通、1両で走るものなので、一度にたくさんの客を乗せて走ることができません。ところが、極めて利用者の多いところでは、それでは運びきれません。2両連結して走る、連節バスが登場するのです。これまで、首都圏では千葉、藤沢、厚木の3か所、東海では岐阜で走っていますが、関西ではこれまで連節バスはありませんでした。

 ところが、三田市は人口が今なお増加傾向にあります。そこで、神姫バスは通勤、通学時の混雑緩和のため、連節バスを2012年度に2台導入する方針を決めました。大阪方面への通勤、通学輸送のほか、関学神戸三田キャンパスや、産業団地・テクノパークへの輸送にも役立てます。

 連節バスは車両間をほろでつなぎ、低床構造で、前後の車両を自由に行き来できます。定員は131人、長さは約18メートル。道路運送車両法に基づく保安基準である全長12メートル未満を超えるため、連節バスは原則日本の公道を走ることができません。運行には近畿運輸局のほか、三田市や兵庫県警などの認可が必要となり、定められたルートでしか走行できないことになります。

 なお、連節バスの値段は約1.2億円。神姫バスが約7000万円を負担し、あとは国などの助成を見込んでいます。三田市も購入費を助成するために2012年度の当初予算案で約1000万円を計上しています。

(追記1)
 神姫バスは、2013年春から三田市に関西初となる連節バスを走らせます。

 その名称については、12月15日から2013年1月15日までの間、募集しています。

(追記2)
 神姫バスが三田市内の4路線で走らせている連節バス、「オレンジアロー 連 SANDA」ですが、2016年4月から休日にも走らせることになりました。午前は三田駅-神戸三田プレミアム・アウトレット間に7本、午後は新三田駅-ウッディタウン間に6本走らせます。
(参考:神戸新聞NEXT http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004841451.shtml、http://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/201604/0008952332.shtml、神姫バスホームページ https://www.shinkibus.co.jp/mart/fm/)

|

« 「Kaeruくん」廃止か? | Main | 北海道新幹線、時速320キロ運転で東京-札幌間4時間33分 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三田に関西初の連節バス:

« 「Kaeruくん」廃止か? | Main | 北海道新幹線、時速320キロ運転で東京-札幌間4時間33分 »