« 粟生線各駅から三宮まで片道500円の回数券、発売 | Main | 特急「しなの」、3月17日からJR東日本エリアでの車内販売なし »

青森県、北海道新幹線140キロ運転なら地元負担軽減要請か?

 2015年度に新函館まで開業予定の北海道新幹線は、青函トンネルなど海峡線82キロを在来線と共用します。新幹線と貨物列車がすれ違うこの区間では、高速で貨物列車とすれ違うと貨物列車が荷崩れを起こす恐れがあるとして、新幹線も在来線特急並みの時速140キロに制限されます。もともとはほかの新幹線と同じように時速200キロ以上で運転することになっていましたが(2005年に国交省が青森県に示した予定運行図表では、新青森-新函館間を40分で運行することになっていました。時速260キロで運行しないと出せない数字です)、2004年10月に起きた新潟県中越地震(上越新幹線が脱線しました)などを受け、走行の安全性を検討しなおした結果、スピードを時速140キロに落とすことにしたのです。

 しかし、全国新幹線鉄道整備法において、新幹線は「主たる区間を列車が時速200キロ以上の高速度で走行できる幹線鉄道」と定義しています。海峡線を時速140キロで運行すれば、その定義から外れているとも言えます。そこで、5日に行われた青森県議会本会議で自民党の県議が、時速140キロでしか走らない区間がある北海道新幹線は新幹線に当てはまらず、地元が建設費の1/3を負担する従来のルールは見直しを求めるべきという趣旨の発言をしました。北海道新幹線は時速140キロ区間も含めて通常の新幹線扱いで、地元が建設費の1/3を負担しますが(青森県は北海道新幹線の県内分の事業費2170億円のうち723億円を負担します)、ミニ新幹線(最高時速130キロ)の山形・秋田新幹線の地元負担は10~20%でした。

 これに対して三村知事は、当初の予定通り時速200キロ以上の走行を求めていくものの、それが実現しない場合は建設費の地元負担軽減を要請することも否定しませんでした。青森県の担当者も時速140キロ走行を容認できるのは、1、2年の短期だとしています。

 新潟県が補助金獲得に成功したことにより(本来なら、国ではなく、受益の多い富山県・石川県あたりに負担させるべきものでしょう。所詮、金沢止まりの北陸新幹線は「金沢新幹線」とでも呼ぶべきローカル新幹線です)、ほかの県でも何らかのかたちで負担軽減に走る動きが出てきました。青森県の動きもそういう類でしょう。本来、整備新幹線は地元が1/3を負担するものとなっていますが、何とかしてそれを県レベルで減らしたいと考えているのでしょう。

 ところで、青森県の主張が通り地元負担の軽減が図られたとします。その後、「トレイン・オン・トレイン」の実用化などによりスピードアップが実現したら、精算し直して、負担に応じるのでしょうか?

(追記)
 青森県は8月23日、東京都のJR貨物本社を訪れ、ダイヤ調整により新幹線と貨物のすれ違いを回避するように求めました。しかし、JR貨物側は、貨物列車の運行時間が制限されると荷主のニーズに合わせたダイヤの設定が不可能になるとして、否定的な回答を示しました。

 青森県は8月28日、札幌市のJR北海道本社を訪れ、ダイヤ調整による高速走行実現を要望します。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/news/20120306-OYT8T00080.htm、東奥日報ホームページ http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2012/20120824092826.asp)

|

« 粟生線各駅から三宮まで片道500円の回数券、発売 | Main | 特急「しなの」、3月17日からJR東日本エリアでの車内販売なし »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

>ほかの県でも何らかのかたちで負担軽減に走る動きが出てきました。

整備新幹線の地元は、地元負担や在来線分離等の条件を表向き呑んだものの、本当は不満がくすぶっている証拠でしょう。

一旦条件を呑んで建設を引き出しておきながら、後になって負担はできませんというのは、詐欺行為にも等しいが、北海道の場合、どう転んでも航空には勝てないし、6両編成の特急が毎時1本走る程度の需要しかない。

この程度の需要なら、常磐線や中央線、日豊線(大分まで)や予讃線の方が多いくらいだ。

余りゴタゴタ言うなら、もう新幹線なんか止めろという話だろう。

Posted by: かにうさぎ | 2012.03.13 at 09:23 PM

 かにうさぎさん、おはようございます。

* 整備新幹線の地元は、地元負担や

 不満は確かにあるでしょうが、それがないと新幹線は来ません。負担が嫌なら最初から拒否すればいいのであり、「後出しじゃんけん」の感があります。

* この程度の需要なら、常磐線や中央線、日豊線(大分まで)や予讃線の方が多いくらいだ。

 このクラスでも、新幹線を整備したほうが望ましいでしょう。車より明らかに速くてこそ、鉄道の価値が出るというものです。

Posted by: たべちゃん | 2012.03.14 at 04:51 AM

>このクラスでも、新幹線を整備したほうが望ましいでしょう。車より明らかに速くてこそ、鉄道の価値が出るというものです。

整備新幹線に関する国のスタンスは、積極的とは思えません。最高速度は、40年前の計画当初と変わらず260kmのまま。
わざわざもめ事の元になるような沿線各県への負担要請。メリットの少ない新潟県や佐賀県、滋賀県等が拒否すれば、計画自体進まなくなる仕組みになっている。

もっとも、整備新幹線が全面的に国が支援してまでやる価値のある事業かと言われれば、やはり疑問と言わざるを得ない。

>新幹線と貨物列車がすれ違うこの区間では、高速で貨物列車とすれ違うと貨物列車が荷崩れを起こす恐れがあるとして、新幹線も在来線特急並みの時速140キロに制限されます。

これなども、どれだけ根拠のある話なのか?
新幹線の効果を減殺し、「新幹線なんかいらない」という声を起こすための国交省の陰謀という説もある。

Posted by: かにうさぎ | 2012.03.17 at 11:07 AM

 かにうさぎさん、おはようございます。

* 整備新幹線に関する国のスタンスは、

 整備新幹線は、今まで一定の成果を収めてきました。これから着工される区間も、在来線の実績からそれなりの成果が得られると予想できます。自信を持って必要性を主張できる事業です。役所らしくないですね。

* わざわざもめ事の元になるような沿線各県への負担要請。

 地元自治体が負担するのはある意味当然でしょうが、地方全体で負担すればいいように柔軟に扱えばいいですね。新潟県や滋賀県の部分は北陸3県が払えばいいですし、佐賀県の部分は長崎県が払えばいいのです。そういう意味では、大阪府の橋下知事(当時)は先進的な考え( http://tabechan.cocolog-nifty.com/note/2011/02/post-9a46.html )を示していました。

* もっとも、整備新幹線が全面的に国が支援してまでやる

 日本ほど高速鉄道に適した国はありません。それなりの規模の都市が連続しているのですから。もっと積極的に投資するのが望ましいです。

* これなども、どれだけ根拠のある話なのか?

 真偽のほどはわからないです。「危ないかもしれない」という程度でしょう。時速140キロなら安全、という保証もありません。

Posted by: たべちゃん | 2012.03.18 at 08:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/54167903

Listed below are links to weblogs that reference 青森県、北海道新幹線140キロ運転なら地元負担軽減要請か?:

« 粟生線各駅から三宮まで片道500円の回数券、発売 | Main | 特急「しなの」、3月17日からJR東日本エリアでの車内販売なし »