« E6系投入で「こまち」の名前も変わる? | Main | 今さらJR伊丹-伊丹空港間鉄道アクセスは必要ない »

明石市内のJR駅新設は見送り

 JR西日本アーバンネットワークの看板路線、琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線には、いくつもの新駅設置計画があります。すでに設置が決まったJR総持寺駅まや駅(名前はいずれも仮称)のほか、計画段階のものとしては、南草津-瀬田間瀬田-石山間、御着-姫路間があります。

 明石市内にも新駅の構想がありました。明石-西明石間と大久保-魚住間です。明石-西明石間は2004年12月、JR西日本から新駅設置の打診がありました。2006年12月に新駅設置の覚書を交わしました。明石市硯町1丁目を候補地とし、1日当たりの乗降客を約1.7万人と見込んでいました。2011年度の開業を目指していました。しかし、地元の反対が強かったのです。明石市が頭越しに計画を進めたことへの反発や、放置自転車が発生することへの懸念があったからです。また、明石市は総事業費40億円の1/3を負担しないといけません。それも新駅建設への障害になり、2008年以降、話が進まない状態になっていました。

 明石市は2010年度に有識者や地元住民による検討会を設置しました。明石-西明石間と(地元からの要望が強かった)大久保-魚住間の2駅について、新駅の必要性などを議論しました。しかし、そこでもなかなか話がまとまりません。最終的には今年2月末、研究会は明石-西明石間については「今後の課題」、大久保-魚住間については「将来の課題」とする報告書をまとめました。2つの表現の違いは微妙ですが、要は新駅はどちらもつくらないということです。最終的には、明石市は3月12日に新駅設置の見送りを表明しました。
(参考:神戸新聞ホームページ http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004879960.shtml、asahi.com http://www.asahi.com/national/update/1106/OSK201111060097.html)

|

« E6系投入で「こまち」の名前も変わる? | Main | 今さらJR伊丹-伊丹空港間鉄道アクセスは必要ない »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

 たべちゃんさんへ、お早うございます。

 東海道線の大府と共和の間に新駅を作る話があるそうですが、どうなってますか?
 南大高駅は、イオン大高が開店してから1年後に開業しました。

Posted by: パノラマハイパー | 2012.04.12 at 07:58 AM

 パノラマハイパーさん、おはようございます。

* 東海道線の大府と共和の間に

 現在は準備段階と言ったところでしょうか?
(参考:大府市ホームページ http://www.city.obu.aichi.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=1160)

Posted by: たべちゃん | 2012.04.14 at 06:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/54247073

Listed below are links to weblogs that reference 明石市内のJR駅新設は見送り:

« E6系投入で「こまち」の名前も変わる? | Main | 今さらJR伊丹-伊丹空港間鉄道アクセスは必要ない »