« 「ツタンカーメン展」と水都巡り(0) | Main | 「ツタンカーメン展」と水都巡り(2) »

「ツタンカーメン展」と水都巡り(1)

 大阪と東京の2つの会場で行われる「ツタンカーメン展」は大人気で、もともと6月3日までの予定であったのが、7月16日までに延長された。休日に行けばかなり待たされるのは容易に想像できる。たまたま5月21日に休みが取れたので、思い切って日帰りで行くことにした。ただし、その日は天文学上のビッグイベント、金環日食があるので、自宅でそれを見てからの出発となる。東海道新幹線、JR京都線、大阪環状線、地下鉄中央線を乗り継いで大阪港に着く。駅では「ツタンカーメン展」を目指す人がたくさん。人の流れに沿って歩けば、旧サントリーミュージアムだ。

 事前にコンビニの端末(総称して「キオスク端末」というようだ)で前売りチケットを買っておいたので、すぐに係員が配っている整理券をもらうことができた。80分後の11:40~11:55に入ることができるもの。それまでイライラしながら列に並ぶ必要がない。客はさっさと天保山マーケットプレースに行って食事や買い物をして、お金を落としてくれる。お互いに得をする、いいシステムだ。さすが商売の町だ。ほかでも是非採用してもらいたい。さて私は、ぶらぶら歩いて山登りをする。目指す山は天保山。標高4.5メートルの、日本で一番低い山だ。展望台から少し降りると「山頂」。はるかに上を阪神高速が走る。25年ほど前に日本で一番高い山に登ったことがあるので、これで高低両方を極めたことになる。

 「ツタンカーメン展」を見てからお昼にすると遅くなるので、先に食べておく。「ツタンカーメン展」に因んで、エジプト料理のカフェテリア、「エジプト食堂」なるものが旧サントリーミュージアムにあるので(仮設の店舗と思われる)、そこでお昼にする。とは言っても食事メニューは2つしかない。しかもひとつはピラミッド風に御飯を盛ったカレーライスなので、自動的にメニューは「コシャリ」に決まる。お米、パスタ、ひよこ豆、トマトソースからなる、エジプト風混ぜ御飯だ。ピリ辛である。豆を大豆の水煮あたりで代用すれば、家でもできそうだ。ドリンクを付けて1500円もするのに、量は少なく、小腹を満たす程度。話の種に、といったところか?

 ちょうど良い時間(指定された時間の10分前)になったので、会場に行く。ただ、そこからすぐに入ることができるわけではない。列に並び、30分経ってようやく入口に着く。しかし、もう少しで見ることができるのでイライラはしない。「ツタンカーメン展」の内容は見た人だけのお楽しみということで詳しくは書かないが、最初に少しビデオを見てから進む。入口の混雑はここに起因する。「ツタンカーメン展」では、ツタンカーメンの生まれる少し前からツタンカーメンの時代までを扱っている(紀元前14世紀ごろ)。世界史の最初のころに習った話だ。1時間余りで見終えて、ミュージアムショップに立ち寄る。「ツタンカーメンメン」(袋入り麺)や「黄金のラスク」(「マスク」ではない)といったものも売っていたが、レジが混んでいたので、買うのを止めた。13:20ごろに会場を出たが、そのときには何と3時間先の整理券を配っていた。(続く)

|

« 「ツタンカーメン展」と水都巡り(0) | Main | 「ツタンカーメン展」と水都巡り(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ツタンカーメン展」と水都巡り(1):

« 「ツタンカーメン展」と水都巡り(0) | Main | 「ツタンカーメン展」と水都巡り(2) »