« 上信電鉄に31年ぶり新車投入 | Main | 新大阪-博多間、「のぞみ」でたったの9000円 »

今年もプロ野球観客動員減少

 セ・パ両リーグは15日、開幕からの観客動員を発表しました。震災の影響という特殊要因がなくなった今年も、観客動員は減り続けています。昨年と同じ主催試合数時点の比較で、セ・リーグは2.4%減の26041人、パ・リーグは6.3%減の20843人です。

 チーム別にみると、一番多く観客を集めたのは阪神の38972人。しかし、7.5%も減っています。パ・リーグではソフトバンクの30546人(10.1%増)がトップです。中にはオリックスや広島のように20%以上も観客動員が減っているところもあります。昨年は震災の影響が大きかった首都圏のチームは、新監督効果のあるDeNAのように15.2%増えたところもありますが、西武は首都圏チームでは唯一減少しています。11.9%の減少です。

 昨シーズンから(大リーグに規格を合わせて)飛ばないボールが導入されましたが、それでロースコアのゲームが多くなり、野球の面白さが減ってしまったのでしょうか? 投手戦ならいいですが、今のは単なる「デフレ野球」です。点が取りにくいので、どうしても地味な試合になってしまいます。素人的な視線からみれば、ある程度の打ち合いのほうが面白いでしょう。もっとも、今さら従来の飛ぶボールに戻すこともできません。セ・リーグで今年から導入された、予告先発もうまくはいっていません。ダルビッシュ投手(日本ハム、現:大リーグ)や田中投手(楽天)のような看板投手がたくさんいるパ・リーグとは違います。何でも真似すればいいものではないでしょう。

 ちなみに、観客動員が7.5%減った阪神の坂井オーナーは、その原因を営業担当に分析させようとしています。それはある意味簡単です。弱くなったのですから。人気球団でお金はたくさんあるものの、それが強さと言うかたちで活かされていないのです。貧乏球団ならともかく、金持ち球団なのですから、お金の使いかたが間違っているのでしょう。選手ではなく、監督やフロントにこそ、外部の血が要るのかもしれません。
(参考:朝日新聞5月16日朝刊 中部14版、Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120518-00000109-spnannex-base)

|

« 上信電鉄に31年ぶり新車投入 | Main | 新大阪-博多間、「のぞみ」でたったの9000円 »

スポーツ」カテゴリの記事

タイガース」カテゴリの記事

プロ野球(阪神以外)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今年もプロ野球観客動員減少:

» 5/20 とらほ~もべるほ~もなく、きょくてんほ~のみ… [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
本題に入る前に、昨日(5/21)の午後馬入グラウンドへベルマーレ対ヴァンフォーレの練習試合を見に行って来ました。 →練習試合結果のお知らせ(vsヴァンフォーレ甲府戦)【湘南ベルマーレ公式】 ←隣のお花畑から メンバー等は非公開なので画像も誰だかわからないようにリ…... [Read More]

Tracked on 2012.05.22 09:26 AM

« 上信電鉄に31年ぶり新車投入 | Main | 新大阪-博多間、「のぞみ」でたったの9000円 »