« 気仙沼線BRTはミヤコーバスに委託へ | Main | JR東海371系、6月に「ホームライナー」で復活運転! »

JR九州の豪華寝台列車は「ななつ星」

 以前に書いた記事の続報です。

 JR九州が2013年10月(当初より延びたようです)に運行を開始する豪華寝台列車の名前が、「ななつ星」に決まりました。九州7つの県と、九州の主な7つの観光素材(自然、食、温泉、歴史文化、パワースポット、人情、列車)を表現しています。

 車両は機関車と客車7両。JR九州のみならず、数々の観光列車などをつくってきた水戸岡鋭治氏がデザインします。機関車も客車も赤(古代漆色)で統一されています。客車のみならず、機関車も新たにつくるようです(DF200をベースとしています)。製造費用は約30億円です。客車はラウンジカー(バーカウンターやピアノがあります)、ダイニングカーが1両ずつで、残り5両は寝台車です。端の7号車が1両に2部屋だけしかないDXスイートで、それ以外の4両が1両に3部屋しかないスイートです。すべての部屋にシャワーとトイレがついています(それとは別に、共用のシャワーとトイレもあります)。1編成で14部屋しかなく、定員はたったの28名です(補助ベッドを使えば、1部屋3人使えます)。

 「ななつ星」は火曜日発の3泊4日コースと土曜日発の1泊2日コースを週1回ずつ運行します。3泊4日のコースは1日目午後に博多から由布院に向かい、由布院を散策したのち、車中泊。そのまま隼人まで行き(途中、宮崎市内をバスで観光することもできます)、霧島温泉に泊まります。3日目は鹿児島市内を観光したのち、車中泊。最終日は阿蘇から豊後森まで列車にそのまま乗るか(大分経由)バスで観光するか選択し、夕方に博多に戻ります。1泊2日のコースは1日目午前に博多から長崎に向かい、長崎市内を観光したのち、車中泊。2日目は阿蘇から由布院まで列車にそのまま乗るか(大分経由)バスで観光するか選択し、夕方に博多に戻ります。コースは半年ごとに変更する予定です。「ななつ星」は、観光・食事・宿泊などをセットにした旅行商品のかたちで販売されます。今年10月からJR九州専用窓口及び主な旅行会社で販売する予定です(旅行商品の詳細は8月下旬に発表する予定です)。

 やはり気になるのは値段。3泊4日のコースは38~55万円、1泊2日のコースでも15~22万円します。一生の思い出として乗る列車であって、気軽に乗ることができるものではないようです。

(追記1)
 「ななつ星」運行のため、由布院駅ホームにキッチン設備を設けたり、阿蘇駅のホームで食事ができるようにしたりすることを検討しているようです。朝に3~4時間停まる阿蘇駅のホームには畑を設け、太陽光を多く採り入れるつくりになっている木製のカフェテラス(「阿蘇駅ガーデンレストラン」(仮称))では、乗客らに採れたての野菜を提供します。

 水戸岡氏デザインの列車にはビュッフェなどの設備があるものもありますが、どれも簡易なもので、本格的な食事はできません。「ななつ星」のダイニングカーもその類のものなのでしょう。「カシオペア」や「トワイライトエクスプレス」などの食堂車とは異なるものと考えられます。

(追記2)
 「ななつ星」には、列車と同じ古代漆に塗られた専用バスも用意されています。車内の天井や床には不燃加工を施した木材を貼り付けています。座席は通常の観光バスの7割ほどの32席。由布院や阿蘇などで観光地を巡るためのバスですが、裏の目的もあるようです。「ななつ星」とほぼ同じコースを走り、故障等で列車が動かなくなった場合に備えるのです。乗客をバスに乗せて移動できるのです。
(参考:朝日新聞5月29日朝刊 中部14版、JR九州ホームページ http://www13.jrkyushu.co.jp/NewsReleaseWeb.nsf/Search/A45DEA068053D06449257A0C003A1A23?OpenDocument、「鉄道ジャーナル」2012年8月号 鉄道ジャーナル社、毎日jp http://mainichi.jp/area/news/20120904ddp008020014000c.html、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/travel/news/SEB201301070043.html、http://www.asahi.com/national/update/0122/SEB201301220050.html)

|

« 気仙沼線BRTはミヤコーバスに委託へ | Main | JR東海371系、6月に「ホームライナー」で復活運転! »

JR九州」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

 たべちゃんさん、お早う御座います。
 此の列車、昔、国鉄が走らせていた「観光団体専用列車」を発展させ、豪華版にしたような列車ですね。

Posted by: パノラマハイパー | 2012.08.04 at 07:04 AM

 パノラマハイパーさん、おはようございます。

* 此の列車、昔、国鉄が走らせていた

 「観光団体専用列車」そのものはわからないですが、かなりの豪華列車であることには間違いないでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2012.08.04 at 07:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/54830892

Listed below are links to weblogs that reference JR九州の豪華寝台列車は「ななつ星」:

» JR九州、クルーズトレイン「ななつ星」運行 [kqtrain.net(京浜急行)]
 クルーズトレイン「ななつ星in九州」|JR九州  クルーズトレイン 「ななつ星」の運行について(PDF)|JR九州プレスリリース [Read More]

Tracked on 2012.05.30 at 02:15 PM

» クルーズトレイン「ななつ星in九州」、JR九州より正式発表 [阪和線の沿線から]
こちらのエントリーでご紹介したJR九州のクルーズトレインですが、JR九州より正式発表があったので、ご紹介します。 〜新しいスタイルの鉄道の旅へご招待します〜クルーズトレイン ... [Read More]

Tracked on 2012.05.31 at 10:57 PM

« 気仙沼線BRTはミヤコーバスに委託へ | Main | JR東海371系、6月に「ホームライナー」で復活運転! »