« JR九州は「きらめき」など間引き運転、西鉄は編成短縮 | Main | 南海、節電で「自由席特急」復活! »

クウェートからの支援で三陸鉄道、新車両購入

 三陸鉄道は、東日本大震災に伴う津波で被災して使えなくなった車両の代替として、3両を南リアス線に導入します。導入時期は2013年2月なので、そのときに南リアス線(一部)は復旧するのでしょうか? 予定より少し早くなるようにも思えますが、試運転に時間がかかるのでしょうか?

 新車両は長さ18メートル、従来の車両と同じく白をベースに、赤と青のラインを巻いていますが、ラインの処理の仕方が従来よりもソフトであるようにも感じられます。窓は従来の車両よりも大きくなっています。車内はボックスシート(後で書きますが、座席定員が奇数のため、従来車と同じくロングシート部分もあるものと思われます。いわゆるセミクロスシートです)ですが、座席の間隔が従来よりも80ミリ広げられ、バケットシートとなり、座り心地のよいものとなっています。定員は110名です(座席定員49名、立席定員61名)。冷暖房が完備されるとともに、バリアフリー対策もなされています。ドア幅が車椅子に対応可能な1000ミリに拡大され、ドアチャイムがついています。客室床面を従来車より170ミリ低下させることによって乗降用ステップを廃止し、車椅子スペース、車椅子固定装置が設置されています。トイレも洋式大型トイレです。

 この新車両の話で特筆されるのは、クウェートからの支援(三陸鉄道復興地域活性化支援事業補助金)で購入すること。三陸鉄道に決して乗ることのないであろう、遠い外国からの支援で、新車両が生まれ、復興のために走ることになるのです。感謝を忘れてはいけないですね。
(参考:三陸鉄道ホームページ http://www.sanrikutetsudou.com/wp-content/uploads/2012/06/7698dd4e49b3f8f7d2323e3f9f148fe0.pdf)

|

« JR九州は「きらめき」など間引き運転、西鉄は編成短縮 | Main | 南海、節電で「自由席特急」復活! »

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/55037894

Listed below are links to weblogs that reference クウェートからの支援で三陸鉄道、新車両購入:

» 三陸鉄道、南リアス線にクウェートの支援で新車両投入 [kqtrain.net(京浜急行)]
 第31回定時株主総会・平成24年度第2回取締役会開催報告 三陸鉄道株式会社の公式サイト  【新車両購入計画】(PDF/第31回定時株主総会・平成24年度第2回取締役会開催報告) 三陸鉄道株式会社の公式サイト... [Read More]

Tracked on 2012.06.26 at 06:40 AM

» 三陸鉄道南リアス線に新型車両3両導入 [阪和線の沿線から]
平成26年春の全線復旧を目指して復旧工事が進んでいる三陸鉄道ですが、車両に目を移すと、南リアス線で使用していた車両のうち3両が使用不能になっていましたが、この代替となる車 ... [Read More]

Tracked on 2012.06.30 at 04:03 PM

« JR九州は「きらめき」など間引き運転、西鉄は編成短縮 | Main | 南海、節電で「自由席特急」復活! »