« スカイマークの?な「サービスコンセプト」 | Main | 乗り心地悪化の原因は大雪と急速な雪解け »

「伊丹は便利」というなら、堂々と定価で乗せればよい

 伊丹空港は大阪の中心部から近く、利便性が高いとされています。その伊丹空港について、関西空港との経営統合(7月)後、長距離路線やジェット機発着枠の規制を緩和する方針です。

 これまで伊丹空港には、北海道や沖縄など1000キロを超える路線は総便数の5%未満に抑えられています。そのため、札幌や那覇便は少なかったのですが、長距離路線の便数規制が撤廃されることにより、増えることになるでしょう。また、騒音対策のため、総発着回数の上限は今まで通り1日370回を維持しますが、1日170回のプロペラ機枠については、ジェット機でもプロペラ機並みに騒音が少なければ使えるように段階的に規制が緩和されます。まずは100人乗り以下の小型ジェット機が規制緩和の対象になるようです。

 ただ、関西に空港が伊丹しかなかった時代ならともかく、今は関空も神戸もあります。関空や神戸をつくる前に周辺の土地を買収して伊丹を拡張できればよかったのですが、とてもそういうことはできませんでした。伊丹は当初の使命を終えた存在なのです。それなのに、(新幹線等のライバルがいる短距離便ではなく)長距離便を復活させたり、騒音が比較的小さいとはいえジェット機を増やしたりなど、逆行することをしようとしています。便数規制で伊丹の利用者が減るのは、廃港に向けてのステップであり、悪いことではないのです。下手に緩和すれば、肝心なときに廃止できなくなります。伊丹をつぶせば、ややこしい問題は解決するのです。

 よく「伊丹は近くて便利だ、関空は遠くて不便だ」という人がいますが、それなら伊丹発着の運賃を高くして、関空発着を下げればよいのです。羽田に行くのに、関空なら1万円、伊丹なら(新幹線より少々高い)1.6~1.7万円といった具合に。それなのに、現状は伊丹発着便にも航空会社のホームページに堂々と割引切符の設定があります。「伊丹は便利」というなら、堂々と定価で乗せればよいでしょう。急ぎの人は少々高くても使ってくれます。

 「伊丹は黒字、関空は大赤字」という都市伝説みたいな既成概念にとらわれてはいけません。ここから脱却することから関西3空港問題解決への処方箋が出てくるのです。伊丹は国営だったからやっていけた空港であり、関空は国営なら今でもぼろ儲けの空港です。公平な競争ではなかったのです。赤字の原因は(建設費を税金ではなく借入金で賄ったことによる)支払利息で、減価償却費が多額であることもあって有利子負債を返済する余力のある空港です。どこかの地方空港のように、撤退することしかほかに方法のないダメ空港ではありません。
(参考:株式会社航空経営研究所ホームページ http://www.aviatn.com/2012/05/post-518.html、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK201205260022.html)

|

« スカイマークの?な「サービスコンセプト」 | Main | 乗り心地悪化の原因は大雪と急速な雪解け »

飛行機、空港」カテゴリの記事

Comments

>それなら伊丹発着の運賃を高くして、関空発着を下げればよいのです。

神戸や関空から大手2社は撤退し、神戸=SKYMARK関空=PEACH・JETSTAR、伊丹=JAL ANAとすることも一案でしょう。

>赤字の原因は(建設費を税金ではなく借入金で賄ったことによる)支払利息

そもそも泉州沖などという場所に作ったこと自体が失敗だし、それに加え、不要不急の2期事業まで強行したことが原因です。
関空に責任なしとは言えません。
また、こんな場所にこだわり続けた地元、とりわけ大阪府の責任は大きい。

>下手に緩和すれば、肝心なときに廃止できなくなります。

結局のところ、誰も伊丹を廃止しようという気はないということでしょう。
橋下市長らの廃止論も、国交省素案の「廃港検討」も、関空への支援金が欲しいだけではないかと思う。
廃港は35年後、しかも、あくまで「検討」であって、どうにでも言い訳できる。
橋下氏らの表面的な発言に振り回されるのは御免被りたい。
何といっても、普天間基地を関空で受け入れる素振りをしながら、いざ、2空港統合が決まると、「普天間基地は神戸空港へ」などと平気で言う人物ですから。


Posted by: かにうさぎ | 2012.06.09 09:18 PM

 かにうさぎさん、おはようございます。

* 神戸や関空から大手2社は撤退し、

 もっとも、JALやANAが伊丹で儲けては何の意味もありません。伊丹を利用する航空会社や利用者にペナルティを課して、利益を吸い上げる必要があるでしょう。金を出せない限りは伊丹の存在意義はなく、つぶせばいいのです。

* そもそも泉州沖などという場所に作ったこと

 伊丹が用地買収して拡張できればよかったですし、神戸がさっさと(反対運動を押し切って)空港を誘致すればよかったのです。

 それができなかった以上は、関空をベースにするのがベストの選択です。伊丹や神戸は足を引っ張らないよう協力するのみです。

* 結局のところ、誰も伊丹を廃止しようという

 伊丹をつぶせばややこしい問題は解決できます。さっさとやってしまったほうがいいかもしれないですね。

Posted by: たべちゃん | 2012.06.11 05:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「伊丹は便利」というなら、堂々と定価で乗せればよい:

» 【伊丹空港】長距離便規制撤廃~また約束を反故に [かにうさぎの部屋]
国交省は、伊丹空港の長距離路線の便数規制を撤廃する方針を固めた。 現在、伊丹空港に対しては北海道、沖縄県など1000キロを超える路線は総便数の5%未満に抑える取り決めがある。関西国際空港への集約を促すために規制してきたが、7月の両空港の経営統合を機に制限を…... [Read More]

Tracked on 2012.06.09 08:54 PM

« スカイマークの?な「サービスコンセプト」 | Main | 乗り心地悪化の原因は大雪と急速な雪解け »