« 神戸電鉄粟生線、沿線住民が高齢者優遇措置を求める | Main | 函館市企業局交通部、節電のため昼間時間帯減便 »

静岡-甲府間高速バス、期間限定で22年ぶりに復活!

 静岡と甲府を結ぶバス路線の歴史は古く、1954年から静岡鉄道(当時)と山梨交通が共同で「急行路線バス」を走らせてきました。しかし、モータリゼーションの発達によりバスの利用者が減少したため、1990年に休止していました。

 事情が変わったのは、高速道路の整備。新東名が開通し(新東名新静岡-新清水間を使うことにより、渋滞の多い静岡市清水区の国道1号、国道52号を回避できます)、中部横断道の建設が進んでいます。それを受けて、静岡鉄道を受け継いだしずてつジャストラインと山梨交通は静岡-甲府間高速バスを7月20日~9月末までの期間限定ながら22年ぶりに復活させることにしました。わずかな距離ですが、こちらも新東名を使う高速バスです。

 高速バスは静岡駅前-竜王間を1日2往復します。静岡側は新静岡などを経由し、甲府側は甲府駅などを経由します。静岡駅前-甲府駅間を2時間48~50分で結びます。車内にはトイレはありません。途中、道の駅とみざわで休憩します。

 運賃は片道2500円、往復4500円ですが、(今回の運転期間末日である)9月30日までは開業記念運賃として、往復4000円になります。この運賃の書きぶりからすれば、9月でいったん運転が終了しても、繁忙期などにはまた再開するものと思われます。

(追記1)
 当初9月末までだった静岡-甲府間高速バスですが、10月以降も継続して運行されることになりました。なお、往復運賃は(開業記念運賃が終了するため)4500円です。

(追記2)
 しだれ桜で有名な身延山久遠寺への観光に便利な、臨時便を運行します。2013年3月30日、31日、4月6日、7日の4日間、静岡駅前-身延(梅平)間、身延(梅平)-竜王間をそれぞれ1往復します(身延(梅平)は2013年2月1日に開設。静岡、甲府方面の両方に乗降可)。静岡駅前-身延(梅平)間、身延(梅平)-竜王間の片道運賃はそれぞれ1700円、900円。往復運賃は特別割引があるので、それぞれ2900円、1500円です。また、身延(梅平)で降車する人には、「桜まつりシャトルバス」の往復乗車利用引換券を進呈します。

 話は変わりますが、2013年3月21日から5月31日までの間、期間限定で往復割引を行います。静岡駅前-甲府・竜王間が3000円となります。

(追記3)
 この静岡-甲府間の高速バス、利用が伸びなかったようで、2017年9月現在、週末のみの運行となっています。
(参考:山梨交通ホームページ http://yamanashikotsu.co.jp/index.html、http://yamanashikotsu.co.jp/noriai/20130330shizuoka.htm、http://yamanashikotsu.co.jp/noriai/20130321shizuoka.htm、しずてつジャストライン http://www.justline.co.jp/kousoku/shizuoka_kofu.html、http://www.justline.co.jp/shinchaku/copy_201206281500.html、中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20120629/CK2012062902000029.html、「鉄道ジャーナル」2017年11月号 鉄道ジャーナル社)

|

« 神戸電鉄粟生線、沿線住民が高齢者優遇措置を求める | Main | 函館市企業局交通部、節電のため昼間時間帯減便 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 静岡-甲府間高速バス、期間限定で22年ぶりに復活!:

« 神戸電鉄粟生線、沿線住民が高齢者優遇措置を求める | Main | 函館市企業局交通部、節電のため昼間時間帯減便 »