« JR貨物、2種類の機関車を製作 | Main | 国交省、高速道路自動運転システム開発へ »

広島電鉄も「信用乗車方式」へ

 路面電車は停留所に駅員がいないのが通例のため、運賃の支払いは車内で乗車時か降車時に行われます。広島電鉄の場合は降車時に支払うのですが、最大の5両編成の場合でも運転士と車掌のいる2か所でしか降りることができません。ラッシュ時など利用者の多い時間帯では、遅れの原因となります。

 そこで広島電鉄は6月18日、運転士や車掌のいない扉からも降りることができる「信用乗車方式」を数年後に全線で導入することにしました。「信用乗車方式」を採用するのは、富山ライトレールに続いて2番目です。

 広島電鉄はかねてから「信用乗車方式」を検討しており、今年2月15日~3月末にかけて、「PASPY」「ICOCA」を持っている人を対象に社会実験を行っています。これらのICカードを持っている人は、すべての扉から降りることができます。3両編成の路面電車を使い、2路線で試験的に運行したのですが、不正乗車などの問題は想定よりも少なく、導入することが可能と判断したようです。今後も複数回の社会実験を行い、セキュリティー対策の検証をしたうえで、数年後に導入する予定です。

 なお、2006年から朝のラッシュ時間帯(7~9時)に導入している富山ライトレールでは、不正防止の未然防止策として、利用客の多い駅に声かけの要員を配置しています。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20120619ddlk34020628000c.html)

|

« JR貨物、2種類の機関車を製作 | Main | 国交省、高速道路自動運転システム開発へ »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

>ラッシュ時など利用者の多い時間帯では、遅れの原因となります。

日本の場合、路面電車は料金の収受に時間がかかり過ぎ、速度低下⇒利用者離れの原因になっています。ヨーロッパでは、料金の収受をいちいちチェックしないので、非常にスムーズです。

>不正乗車などの問題は想定よりも少なく、導入することが可能と判断したようです。

不正乗車対策としては、ヨ-ロッパ諸国のように、抜き打ち検札強化や罰則強化で対応すべきでしょう。

Posted by: かにうさぎ | 2012.07.13 09:51 PM

 かにうさぎさん、おはようございます。

* 日本の場合、路面電車は料金の収受に

 路面電車の弱点です。

* 不正乗車対策としては、ヨ-ロッパ諸国のように、

 正直者が馬鹿を見ないように、法整備が急がれます。

Posted by: たべちゃん | 2012.07.14 07:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 広島電鉄も「信用乗車方式」へ:

« JR貨物、2種類の機関車を製作 | Main | 国交省、高速道路自動運転システム開発へ »