« 東武に6050型改造の展望車両、「スカイツリートレイン」登場! | Main | 和歌山電鐵のキャンペーンは意外と地元頼り »

京阪旧3000系、前面を往年のイメージにデザイン変更

 2013年春の引退が決まり、引退興行中の京阪旧3000系。旧3000系は1995年に大規模な更新工事を行い、車両前面のデザインを大きく変更しました。しかし、引退に当たり、旧3000系の車両前面のデザインを更新前のものに戻しました。いわゆる「クラシックタイプ」です。

 主な変更内容は、京阪特急のシンボルであるハトマークを更新工事前のスタイルにしました。また、現行の車両番号を目立たない色、場所に変更し、更新前の旧車両番号(当然ながら3000系時代のもの)を外観上のイメージとして表示しています。なお、変更箇所は前面のみであり、塗装の変更はしていません。

 「クラシックタイプ」の運転開始は、9月29日中之島11:40発の臨時快速特急出町柳行き。京橋までは各駅に停まり、そこからは七条までノンストップです。旧3000系は9月25日から28日まで運行していなかったので、その間に変更工事を行ったのでしょう。

 9月29日の「クラシックタイプ」竣工記念列車は、乗車券だけで乗車できます。当然ながら、事前予約は要りません。しかし、同日から発売される京阪電車オリジナルDVD「旧3000系特急車 ~ラストランに向かって~」(3800円)を中之島駅の特設会場で買った人(先着205人)には、「着席整理券」を渡します(DVDの購入枚数にかかわらず、1人1枚のみ)。この「着席整理券」を持っていれば、指定された窓側の席に座ることができるのです(ただし、11:30までに座らなければ、その権利は放棄したことになります)。
(参考:京阪ホームページ http://www.keihan.co.jp/info/upload/2012-09-18_ex-3000_classic%26dvd.pdf、http://www.keihan.co.jp/traffic/railfan/3000/schedule.html?ym=201209)

|

« 東武に6050型改造の展望車両、「スカイツリートレイン」登場! | Main | 和歌山電鐵のキャンペーンは意外と地元頼り »

京阪」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/55703007

Listed below are links to weblogs that reference 京阪旧3000系、前面を往年のイメージにデザイン変更:

» 京阪、旧3000系特急車の前面を往年のイメージにデザイン変更 [kqtrain.net(京浜急行)]
 旧3000系特急車の前面を往年のイメージにデザイン変更&京阪電車オリジナルDVD「旧3000系特急車 〜ラストランに向かって〜」を発売 (PDF/219KB) [Read More]

Tracked on 2012.09.28 at 09:41 PM

» 京阪電鉄、旧3000系特急車の前面を往年のイメージにデザインを変更 #3505k [阪和線の沿線から]
既にこのブログでも何度も取り上げている、京阪電鉄の旧3000系特急車。 来春引退を控えて、こちらでご紹介したようなイベントも実施されましたが、更なるイベントが発表されました ... [Read More]

Tracked on 2012.09.29 at 10:46 AM

« 東武に6050型改造の展望車両、「スカイツリートレイン」登場! | Main | 和歌山電鐵のキャンペーンは意外と地元頼り »