« 常磐線相馬-浜吉田間は2017年春に復旧か? | Main | 東急田園都市線渋谷駅、ホーム増設へ »

IGRいわて銀河鉄道、2013年4月に値下げ

 IGRいわて銀河鉄道は2013年4月1日に値下げを行います。

 値下げの原資は、貨物列車走行にかかる線路使用料。岩手県、沿線市町村、他県とともに国等に増額を求めた結果、2011年度から大幅な線路使用料の増額が実現しました。このおかげで、IGRいわて銀河鉄道は、これまでの累積赤字を今年度末に解消する見込みです。

 運賃の値下げは、通勤定期・通学定期・普通運賃ともにあります。ほかの券種に比べて高額の通勤定期は、45キロ以内の近・中距離を値下げします(46キロ以上は2010年12月に値下げ済みで、1か月39800円となっています)。盛岡-滝沢間はこれまで1か月14840円だったのですが、それが1か月11670円となります。最大21.5%の値下げで、普通運賃に対する割引率は1か月定期で46%となります。月16日分の運賃です。

 通学定期は、2010年度まで岩手県、沿線市町村からの補助で安くすることができました。その補助金が2011年度になくなってからも、IGRいわて銀河鉄道は自らの負担で値上げせずにやっています。IGRいわて銀河鉄道の負担額は年間約6000万円です。そのため、原則として値下げはしませんが、上限を1か月19900円とし、遠距離区間のみを値下げすることにしました。これまで1か月23800円だった盛岡-二戸間が19900円になります。

 普通運賃については、収支に及ぼす影響が極めて大きいから、51キロ以上の運賃について、これまで10キロごとに設定したのを、5キロごとにします。51キロ以上の一部区間で値下げとなります。これまで2030円だった盛岡-二戸間が1900円となります。
(参考:IGRいわて銀河鉄道ホームページ http://www.igr.jp/wp/topics/2012/09261503.html)

|

« 常磐線相馬-浜吉田間は2017年春に復旧か? | Main | 東急田園都市線渋谷駅、ホーム増設へ »

鉄道」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference IGRいわて銀河鉄道、2013年4月に値下げ:

« 常磐線相馬-浜吉田間は2017年春に復旧か? | Main | 東急田園都市線渋谷駅、ホーム増設へ »