« 枕崎空港、廃止してソーラー発電用地に | Main | 高岡駅ステーションビルに万葉線乗り入れ »

可部線延伸時には可部駅も改修

 可部-河戸間を復活させる話がある可部線。現在、踏切などの問題があり、地元自治会に対して説明中です。

 可部駅は1~3番線までありますが、西側にある3番線のみが(廃止になった)三段峡方面に行くことができ、1、2番線は行き止まりの構造です。早朝と夜間を除いて、2番線を中心に発着します。しかし、河戸まで復活した後は、全便が(可部止まりとならずに)河戸まで走ることとなる予定であるため、駅の改修が不可欠となるようです。広島市が可部駅近くの2自治会を対象に7月12日夜に開いた説明会で、踏切の一部復活の話と合わせて、可部駅改修の話も出されました。

 それによりますと、現在、3番線の西側にある、留置線として使われている線路に長さ85メートル、幅3メートルのホームをつくり、河戸方面のホームとします。今の3番線が広島方面となり、1、2番線は廃止されます。可部ですれ違いできるようになるのです。また、駅の西口と東口を結び、線路をまたぐ自由通路も整備します。エレベーター2基も備えます。

(追記)
 河戸方面のホームにも新たに駅舎がつくられます。
(参考:中国新聞ホームページ http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201207140029.html、可部駅の掲示)

|

« 枕崎空港、廃止してソーラー発電用地に | Main | 高岡駅ステーションビルに万葉線乗り入れ »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/55695600

Listed below are links to weblogs that reference 可部線延伸時には可部駅も改修:

« 枕崎空港、廃止してソーラー発電用地に | Main | 高岡駅ステーションビルに万葉線乗り入れ »