« JR西日本、災害に備えて食料等を備蓄 | Main | JR西日本、「はるか」特急料金を値下げ »

長崎県県北地区、佐世保線にフリーゲージトレイン導入を要望

 10月12日、佐世保市内のホテルで、(長崎県)県北地区の首長や経済関係者らが参加した、(長崎新幹線の)着工認可報告会が行われました。県北地区は長崎新幹線の恩恵がなく、不満が強いと言われています。佐世保市が新幹線早期着工のために原子力船「むつ」を受け入れたものの、新幹線は佐世保を完全に無視してしまいました(当初は佐世保に近い早岐を経由する計画でしたが、後に嬉野温泉経由となり、佐世保を完全に無視するルートになりました)。また、今年8月に長崎市で行われた新幹線起工式後の祝賀会でも、朝長佐世保市長など県北代表が壇上に呼ばれず、不満が高まることになりました。今回行われた報告会自体、朝長市長の提案で急遽、県が企画したものです。

 この報告会では、出席者から佐世保線にフリーゲージトレインを導入することを求める意見が出ました。中村県知事も県北地区への配慮が足らなかったことをわび、佐世保線へのフリーゲージトレイン導入に向けて、国交省が概算要求した調査費獲得に努力する考えを示しました。

 とは言っても、県が導入に向けて明確に約束したわけではありません。佐世保線へのフリーゲージトレイン導入には膨大な費用がかかるとして、厳しい見通しをつけています。積極的な姿勢を見せず、県北地区の不満は高いままです。

 もっとも、フリーゲージトレインが時速270キロ運転にとどまるのならば、博多より先に行くことができません。現状と変わらないのです。博多-新鳥栖間で新幹線に乗り入れてもほとんど速くならず、快速・普通がたくさん走る鹿児島線で毎時1本枠が空くだけの効果です。長崎新幹線が全線フル規格にならない限り、佐世保線にフリーゲージトレインを導入しても意味はなさそうです。「県北地区に配慮している」という政治的なメッセージのみです。
(参考:西日本新聞ホームページ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/328830)

|

« JR西日本、災害に備えて食料等を備蓄 | Main | JR西日本、「はるか」特急料金を値下げ »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 長崎県県北地区、佐世保線にフリーゲージトレイン導入を要望:

« JR西日本、災害に備えて食料等を備蓄 | Main | JR西日本、「はるか」特急料金を値下げ »