« 仙石線高城町以北を非電化にする計画があった? | Main | 「開業100周年記念 内部・八王子線 1日フリー乗車券」発売中 »

多治見市で平日昼間のバス上限200円の社会実験

 多治見市は、11月1日から2013年1月末の平日(12月29日から1月3日を除く)、昼間(10~16時)の上限運賃を200円とする社会実験を行います。

 対象となるのは、市内の路線バス18路線のうち7路線。いずれも東濃鉄道が運行する路線です。多治見発着でなかったり、国や県から補助金を受けていたりしている路線などは除外されています。この7路線の昼間(10~16時)の上限運賃を200円とするのです(運賃が200円未満の区間は現行通り)。対象となる区間で一番運賃が高い420円区間でも、200円払えばよいのです。利用客が今の1.4倍に増えれば、値下げによる減収分を賄うことができるようです。

 多治見市がこのような社会実験をする理由は、マイカーから公共交通への転換を図るため。二酸化炭素の排出量削減にもつながります。通勤・通学客が見込める朝夕はともかく、昼間のバスの利用は少ないのでしょう。昼間のバスの有効活用にもなるかもしれません。多治見市は調査結果に基づいてのこととなりますが、全路線への上限運賃制度導入も検討するようです。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/area/gifu/news/20121027ddlk21010116000c.html)

|

« 仙石線高城町以北を非電化にする計画があった? | Main | 「開業100周年記念 内部・八王子線 1日フリー乗車券」発売中 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 多治見市で平日昼間のバス上限200円の社会実験:

« 仙石線高城町以北を非電化にする計画があった? | Main | 「開業100周年記念 内部・八王子線 1日フリー乗車券」発売中 »