« 可部線延伸時には可部駅も改修 | Main | 首都高速都心環状線、地下化? それとも撤去? »

高岡駅ステーションビルに万葉線乗り入れ

 9月15日、JR高岡駅に新しいステーションビルなどを建設する駅周辺整備事業の安全祈願祭が行われました。

 新しいステーションビルは3階建てで、2階に店舗と歩行者のための人工デッキが入ります。そして1階には路面電車万葉線の停留所が入ります。線路を100メートルほど延ばして、JRのステーションビルに乗り入れるのです。JRとの乗り換えがスムーズになります。ステーションビル建設の事業費は42億円、2014年3月に完成の予定です。

 しかし、惜しいのは完成して間もなく北陸新幹線ができてしまうこと。高岡駅から「サンダーバード」などの特急が消え、普通列車しか通らなくなります。せっかく路面電車がステーションビルに乗り入れても、交通の拠点ではなくなってしまうのです。
(参考:中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20120916/CK2012091602000233.html)

|

« 可部線延伸時には可部駅も改修 | Main | 首都高速都心環状線、地下化? それとも撤去? »

JR西日本」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/55703092

Listed below are links to weblogs that reference 高岡駅ステーションビルに万葉線乗り入れ:

« 可部線延伸時には可部駅も改修 | Main | 首都高速都心環状線、地下化? それとも撤去? »