« 首都高速都心環状線、地下化? それとも撤去? | Main | 「ななつ星」は2013年10月15日運行開始、「SUGOCA」エリア12月1日拡大 »

富田林-金剛間に期間限定で急行バス

 大阪府南部にある富田林市は、市の中ほどを近鉄長野線が、西側を南海高野線が通ります。近鉄と南海に挟まれたところにあるニュータウンへは、近鉄富田林駅や南海金剛駅からバスが出ています。富田林駅からのバスは近鉄バスが、金剛駅からのバスは南海バスが運行しています。しかし、運行するバス会社が違うこともあり、富田林駅と金剛駅とを結ぶバスはありません。富田林市のコミュニティバス(運行は近鉄バス)も、金剛駅が大阪狭山市にあることから(金剛駅から2、3分歩くだけで、富田林市に入ります)、金剛駅の近くには行くものの、金剛駅には立ち寄りません。

 ところが富田林市は、10月1日から12月31日までの3か月間、富田林と金剛を乗り換えなしの急行バスで結ぶ社会実験を行います。運行は近鉄バスと南海バスが共同で行い、日中に6往復します(休日や年末も同一ダイヤです)。富田林エリアに富田林駅前、PL病院前など3か所、金剛エリアに金剛駅前など4か所の停留所があります。金剛駅前行きは富田林エリアは乗車専用、金剛エリアは降車専用となります。富田林駅前行きは反対です。所要時間は20分で、運賃は290円です。現金のほか、「スルッとKANSAI」のカードも使えます。

(追記)
 11月23日に乗車しました。富田林駅前13:30発の便です。


 バスは近鉄バス担当なので発車間近にしか来ないと思ったら、15分前に入ってきた。後ろからバスに乗るが、運賃が290円均一のため整理券は発行されず、カードリーダーもカバーがされている。体験乗車風の3人だけで発車、PL病院前など途中からの乗車もない。金剛駅前まで行かずに途中で降りる。少々遅れているが、終点の金剛駅前には定時で着くであろう。終点の一つ手前から金剛駅前までの間には結構余裕があるのだ。バスから降りて行き先表示を見ると、トラブルを防ぐためか、乗ることができない旨の表示があった。
(参考:富田林市ホームページ http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/public/section/dourokoutu/pdf/express_bus.pdf、http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/public/section/rainbow/pdf/rainbow2009.pdf)

|

« 首都高速都心環状線、地下化? それとも撤去? | Main | 「ななつ星」は2013年10月15日運行開始、「SUGOCA」エリア12月1日拡大 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/55704823

Listed below are links to weblogs that reference 富田林-金剛間に期間限定で急行バス:

« 首都高速都心環状線、地下化? それとも撤去? | Main | 「ななつ星」は2013年10月15日運行開始、「SUGOCA」エリア12月1日拡大 »