« JR西日本と石川県、富山県、並行在来線の譲渡価格について合意 | Main | 北陸新幹線開業してもJAL羽田-小松線、当分減便せず »

「スーパーとかち」、ワゴンサービス廃止、売店での営業に

 JR北海道は、札幌-帯広間を運行している「スーパーとかち」の車内サービスについて、12月1日から2013年3月末(予定)までの間、変更を行います。

 これまで「スーパーとかち」では客室乗務員による車内サービスを行ってきましたが、それを休止します。各車両を巡回していたワゴンサービスについては、1号車販売コーナーでの販売スタッフによる待受販売に切り替えます。いわゆる売店形態になるのです。グリーン車が連結されている列車(1~4号、6号、7号、9号、10号)におけるグリーン車サービス(ドリンクサービス)も、この販売スタッフが行います。なお、12月1日の「スーパーとかち2号」は、前日に札幌から帯広に来た客室乗務員が折り返して勤務するため、ワゴンサービスを行います。

 この車内サービスの変更、しかも4か月のみの期間限定の変更を行う意図は何なのでしょうか? コスト削減なら4月以降も続ければいいのですし、よくわかりません。
(参考:JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2012/121121-1.pdf)

|

« JR西日本と石川県、富山県、並行在来線の譲渡価格について合意 | Main | 北陸新幹線開業してもJAL羽田-小松線、当分減便せず »

JR北海道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/56200361

Listed below are links to weblogs that reference 「スーパーとかち」、ワゴンサービス廃止、売店での営業に:

« JR西日本と石川県、富山県、並行在来線の譲渡価格について合意 | Main | 北陸新幹線開業してもJAL羽田-小松線、当分減便せず »