« 高岡-高山間高速バス、2013年3月まで実験走行 | Main | JR北海道711系、2014年度末で引退 »

肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」は2013年3月24日運行開始

 肥薩おれんじ鉄道に2013年3月、水戸岡氏デザインの食堂車つき観光列車、「おれんじ食堂 九州西海岸食楽列車」を走らせる話については以前にも書きましたが、運行開始日が決定しました。2013年3月24日です。

 「おれんじ食堂」は毎日運転されるわけではなく、休日及び金曜日、春休み、夏休み、冬休みなど年間215日運転します。そのほかに貸切列車として、35日間程度の運転を予定しています。片道3便運転します。新八代10:18発川内13:33着、川内14:03発新八代17:08着、新八代17:14発川内20:00着(出水止まりの日もあり)の3便です。途中、八代、日奈久温泉、佐敷、津奈木、新水俣、水俣、出水、阿久根の有人8駅に停まり、土産物の販売を行うところもあります。

 「おれんじ食堂」は以前にも書いたように、2両編成。定員23人の1号車は本格的な食事を出します。料理は地元の飲食店に調理してもらったもので、「芦北町産タチウオと出水市産ノリの揚げ物」「阿久根市産サバの昆布巻き」などが出されるようです。料金は全区間乗車を前提に、運賃から食事代、停車駅での「食のエンターテインメント」までパッケージになって(アルコール類や車内販売などは別料金)、12800円(子供は8200円)です(夕食時間帯にかかる夕方の便は、値段が変わります。出水止まりの日は、「夕食なし」を選択することもできます)。定員20人の2号車は菓子やコーヒーが出され、運賃のほかに1400円(子供は700円)の座席指定料だけで済みます。2号車はひと駅だけの利用もできます。食事、停車駅での「食のエンターテインメント」を希望する人は別料金です。食事を希望する人は、4500円(子供は3000円)かかります。「食のエンターテインメント」はその都度支払います。貸切もでき、全体で29万円のようです。

 肥薩おれんじ鉄道では旅行会社と提携し、7割程度の乗車率を確保したいようです。「おれんじ食堂」の切符は肥後田浦駅を除く各有人駅、JR九州の主要駅窓口及び旅行センター(予定)、提携旅行代理店です。2013年2月から予約販売を開始する予定です。
(参考:YOMIURI ONLINE http://kyushu.yomiuri.co.jp/entame/railway/news/20121117-OYS8T00355.htm、毎日jp http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20121116ddlk43040469000c.html、肥薩おれんじ鉄道ホームページ http://www.hs-orange.com/kankou/order/index.html)

|

« 高岡-高山間高速バス、2013年3月まで実験走行 | Main | JR北海道711系、2014年度末で引退 »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」は2013年3月24日運行開始:

« 高岡-高山間高速バス、2013年3月まで実験走行 | Main | JR北海道711系、2014年度末で引退 »