« 肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」は2013年3月24日運行開始 | Main | 野焼きで新名神通行止め? »

JR北海道711系、2014年度末で引退

 JR北海道は、北海道初の国鉄電車として1968年に登場した711系を2014年度末で引退させる方針です。新型車に代替するとのことですが、711系が主に使われるのは岩見沢-旭川間なので、室蘭線のようにディーゼルカーになる可能性もあります。

 711系は1968年、函館線小樽-滝川間の電化に合わせて登場しました。その後、電化区間の拡大とともに千歳線や室蘭線などにも進出しました。近郊型電車でありながら、(一部の改造車を除き)2扉しかなく、しかも車端に寄っているためか、急行として使われたこともありました。小樽-旭川間の急行「かむい」や札幌-旭川間ノンストップの急行「さちかぜ」として使われたこともありました。

 ピーク時の1985年前後には3両編成38本が活躍していましたが、2012年6月現在で16本のみ残っています。そのうち、2本はデビュー当時の塗装に戻されています。
(参考:北海道新聞ホームページ http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/421566.html、「鉄道ジャーナル」2012年8月号 鉄道ジャーナル社)

|

« 肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」は2013年3月24日運行開始 | Main | 野焼きで新名神通行止め? »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR北海道711系、2014年度末で引退:

» JR北海道、道内初の国鉄電車「711系」を2014(平成26)年度末までに引退 [kqtrain.net(京浜急行)]
 JR北海道の「赤電車」引退へ 老朽化で新型車に代替−北海道新聞[経済] [Read More]

Tracked on 2012.11.26 03:15 PM

« 肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」は2013年3月24日運行開始 | Main | 野焼きで新名神通行止め? »