« 野焼きで新名神通行止め? | Main | 阪堺、ICカード導入か? »

名古屋-高岡・氷見間高速バスに直行便が誕生

 岐阜バスと加越能バスは、名鉄バスセンター-氷見営業所間に高速バスを走らせています。現在は1日2往復していますが、12月21日からもう1往復増やします。

 増便される1往復は、名鉄岐阜を通らない便(代わりに高速各務原に停まります)。氷見営業所6:10発と名鉄バスセンター18:10発です。名鉄岐阜を通らないため、名鉄バスセンター-高岡駅前間の所要時間は名鉄岐阜経由便より45分短い、3時間40分。JRの特急「しらさぎ」とほぼ同じです。名鉄バスセンター-高岡駅前・氷見営業所間の運賃は3500円、高速各務原-高岡駅前・氷見営業所間の運賃は3200円です。また、今回のダイヤ改正では、名鉄バスセンター8:00発の便に限り、白川郷に停車します(白川郷11:20着)。名鉄バスセンター方面は名鉄バスセンターと鳩ヶ谷を結ぶ高速バス(岐阜バス白川郷線、通年運行)を使うことになります。名鉄バスセンター-白川郷間の運賃は3500円です。白川郷から富山方面への利用はできません。

 今回のダイヤ改正で名鉄岐阜を通らない直行便をつくった背景には、2014年度末の北陸新幹線開業。名古屋と北陸を結ぶ特急「しらさぎ」が金沢止まりになって、しかも金沢で不便な乗り換えを迫られる危険性が高いです。名古屋からだと高速バスでも速いですから、このように直行できるバスは望まれるサービスでしょう。第三セクターに直通しないJRからは客が逃げることになっても仕方がないことでしょう。

(追記)
 岐阜バスと加越能バスが運行している名鉄バスセンター-氷見営業所間ですが、2013年4月12日にダイヤ改正を行いました。1日3往復が5往復(直行便2往復、岐阜経由3往復)に増便されています。また、直行便は全席3列独立シート車が使われています。
(参考:岐阜バスホームページ http://www.gifubus.co.jp/、中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2012112102000179.html、加越能バスホームページ http://www.kaetsunou.co.jp/kou/kousoku2.html)

|

« 野焼きで新名神通行止め? | Main | 阪堺、ICカード導入か? »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名古屋-高岡・氷見間高速バスに直行便が誕生:

« 野焼きで新名神通行止め? | Main | 阪堺、ICカード導入か? »