« 阪急三宮駅、改称を検討 | Main | 黒部峡谷鉄道、トロッコ列車を夜間に運行か? »

117系、2013年春にJR東海の定期運用から引退

 1982年に導入され、名古屋地区の輸送改善に貢献した117系が、2013年春で定期運用から引退します(イベント列車などでは運転を継続します)。

 今ではJRはかなり便利になりましたが、117系が導入されるまではかなり不便でした。本数は少なく、車両は古い。パノラマカーなどが走る名鉄に大きく遅れていました。

 そのような状況で導入されたのが、関西で新快速として活躍していた117系。ボックスシートではなく、普通列車用としては珍しい転換クロスシート。名鉄のパノラマカーに対抗できる車両で、当然ながら特急料金は不要です。名古屋地区では東海道線を中心に、中央線でも走りました。ライバルの名鉄も対抗してサービスの向上に努めました。

 しかし、分割民営化後に新しく導入された車両は、時速120キロまで出すことができます。117系は時速110キロなので、どうしても出番は減ります。2扉と言うこともあり、近年はラッシュ時の助っ人扱いで、昼間は休んでいる姿がよく見られました。

 先ほども述べたように117系はJR東海の定期運用からは引退しますが、JR西日本では看板車両の新快速からは撤退して久しいものの、まだまだ活躍が見られます。なお、117系は「リニア・鉄道館」に展示されていますが、屋外に置かれています。その理由は現役車両だからということのようで、引退すれば屋内展示になる可能性もあるようです。

(追記)
 一時は2013年2月で運用離脱すると言われた117系ですが、見る限りでは3月になってもまだ走り続けています。
(参考:中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012121190151009.html、「職場の情報・声(名古屋地本『業務ニュース名古屋No.219』)」 http://www.geocities.jp/jrtoukairou/koe.htm)

|

« 阪急三宮駅、改称を検討 | Main | 黒部峡谷鉄道、トロッコ列車を夜間に運行か? »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 117系、2013年春にJR東海の定期運用から引退:

« 阪急三宮駅、改称を検討 | Main | 黒部峡谷鉄道、トロッコ列車を夜間に運行か? »