« 山陽新幹線、冬季の早朝は架線の凍結で遅れることも | Main | トワイライトエクスプレス車両でランチクルーズ »

名鉄岐阜市内高架化、区間を短縮して整備か?

 1970年代に構想が浮上し、1999年に国が着工準備を採択した岐阜市内の名鉄名古屋本線の高架化。2割強を負担する県(残りの負担割合は国が約51%、名鉄が7%、岐阜市が県と同額の2割強)の財政難などで事業が10年以上止まっていましたが、ようやく動き出すことになりました。

 2000年に発表された、当初の案では、名鉄岐阜-岐南間約2.9キロを高架化する予定でした(高架区間は約2.1キロ)。高架化区間にある加納駅と茶所駅を統合する(統合した駅の場所は現加納駅付近になるようです)話もありました。1時間で40分以上通行できない時間帯がある、いわゆる「開かずの踏切」9か所を含む12か所の踏切の撤去を盛り込んでいます。ところが、先ほども書いたように、県の財政難などで事業は止まってしまいました。これに対して岐阜市や名鉄は、早期の事業化を要望していました。

 そこで高架化事業を事業効果の高い、茶所検車区の手前までの約1.5キロに短縮して行うことで、当面の事業費を抑制します。もともと全体で500億円超の事業でしたが、整備区間を短縮すると半額程度に抑えられます。これによって撤去される踏切の数は減りますが、高架化事業が再び動き出すことになりました。2013年度以降、概略設計に向けての具体的調査を行います。工事に伴う区画整理の規模や仮の線路を敷設する場所、統廃合する駅の位置などを具体化します。ただし、着工されるのはまだ数年先です。

(追記)
 岐阜市内の高架化ですが、岐南までの約2.9キロを高架化する予定です。2019年に岐阜県、岐阜市、名鉄が合意し、2019年11月に覚え書きを交わす予定です。高架化工事を行った場合、周辺の約200戸が立ち退きを迫られます。また、着工してから完成まで約15年かかります。
(参考:岐阜新聞ホームページ http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20121213/201212131152_18833.shtml、中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20121213/CK2012121302000021.html、朝日新聞2019年10月12日朝刊 中部14版)

|

« 山陽新幹線、冬季の早朝は架線の凍結で遅れることも | Main | トワイライトエクスプレス車両でランチクルーズ »

鉄道」カテゴリの記事

名鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名鉄岐阜市内高架化、区間を短縮して整備か?:

» ここは酷い岐南6号踏切ですね [障害報告@webry]
岐阜市の名鉄高架、一括施工に 県と市、一部先行から転換 - 岐阜新聞 Web http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20140705/201407050922_22845.shtml こんなことになっていたのか 太田まさひさ 県政通信特別号2013年1・2月号 http://www.gifu-ohta.jp/wordpress2/wp-content/uploads/2012/07/%E7%9C%8C%E6%94%BF%E9%80%9A%E4%B...... [Read More]

Tracked on 2014.07.06 10:08 PM

« 山陽新幹線、冬季の早朝は架線の凍結で遅れることも | Main | トワイライトエクスプレス車両でランチクルーズ »