« 明光バス等、南紀-横浜・東京・大宮間に夜行高速バス運行へ | Main | 愛知県の有料道路、民営化か? »

南海高速バスも「座席仕切りカーテン」、「コンセント」導入

 南海バスは昨年末、山陽バスと共同で運行する神戸・大阪・京都-立川線において、新型車両を登場させました。

 その新型車両には、「座席仕切りカーテン」、「コンセント」がついています。「座席仕切りカーテン」は通路に設置され、車内で他の人に寝顔を見られることはありません。この「座席仕切りカーテン」は西鉄バスの「フェイスカーテン」と同じような設備ですが、最近は名鉄バスなどにもそのような設備が見られます。「コンセント」は全席に備え付けられ、携帯電話の充電などに使うことができます。

 今のところ新型車両は1台(堺200 か 406)だけなので、南海バス担当便のみのサービスです。山陽バス担当便及び2号車続行便には「座席仕切りカーテン」、「コンセント」がありません。また、車両整備などの理由で、予告なく他の車両で運行することもあります。そのような場合も当然ながら、「座席仕切りカーテン」、「コンセント」がありません。
(参考:南海バスホームページ http://www.nankaibus.jp/express/index.html、http://www.nankaibus.jp/info/pdf/121225.pdf)

|

« 明光バス等、南紀-横浜・東京・大宮間に夜行高速バス運行へ | Main | 愛知県の有料道路、民営化か? »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南海高速バスも「座席仕切りカーテン」、「コンセント」導入:

« 明光バス等、南紀-横浜・東京・大宮間に夜行高速バス運行へ | Main | 愛知県の有料道路、民営化か? »