« 日立市のBRT計画 | Main | 富山県会社と北海道会社の並行在来線経営計画等 »

えちごトキめき鉄道の経営基本計画(素案)

 2015年春に北陸新幹線長野-金沢間が開業すると、並行する在来線はJRから分離され、第三セクターとなります。新潟県部分はえちごトキめき鉄道となります。信越線妙高高原-直江津間(38.0キロ)は「妙高はねうまライン」、北陸線市振-直江津間(60.3キロ)は「日本海ひすいライン」となります。えちごトキめき鉄道は沿線人口が少ないため、厳しい経営が予想されます。そのえちごトキめき鉄道が1月22日に経営基本計画の素案をまとめました。

 妙高高原-直江津間を運行する「妙高はねうまライン」はラッシュ時は6両、通常時は2~4両で運行します。朝夕は利便性を高めるために増便し、昼間も都市部を中心に増便を検討します。車両は、JR東日本が使用している新型電車(E127系?)の譲渡を受けることを協議しています。なお、妙高高原以南を運営する長野県側の第三セクター、しなの鉄道の経営基本計画では、長野-妙高高原間は現行程度の運転本数になるようです。

 泊-直江津間を運行する(市振以西は富山県部分の会社に乗り入れ)「日本海ひすいライン」はラッシュ時2両、通常時1両で運行します。糸魚川-直江津間では朝夕を中心に増便し、糸魚川以西でも現行レベルの本数は維持します。電化区間ですが車両は新型ディーゼル車両を新たにつくります。一般車両6両、イベント兼用車両2両です。イベント兼用車両は地元向けのもので、「妙高はねうまライン」でも使われます。

 直江津での接続、上越、糸魚川での北陸新幹線との接続は考慮されます。2両以下で運転されるときはワンマン運転をします。長野方面、富山方面の並行在来線や、柏崎方面(JR信越線)、十日町方面(ほくほく線)との相互乗り入れについて関係各社と協議をしています。JR東日本とは「北越」「くびき野」の存続を要請していますが、「くびき野」はともかく、北陸新幹線とかなりの部分で並行する「北越」の存続は厳しいです。新幹線に関してデメリットしかない関西方面とは話が違います。

 首都圏や関西圏からの観光客を誘致するため、ディーゼル車によるリゾート列車も2両導入します。アテンダント乗務員の配置も検討しています。有人駅は現状維持とし、運賃については今後検討します。えちごトキめき鉄道はこれらの対策をすることによって、何もしないときに比べて5%の利用者数増加を見込んでいます。えちごトキめき鉄道は開業10年後の2025年の1日当たり輸送人員10151人を目標として掲げます。

(追記1)
 新潟県などは、えちごトキめき鉄道に合計173億円を出資するようです。このうち新潟県が163億円と大半を占め、上越、妙高、糸魚川の沿線3市が7.6億円を出します。3市での配分はこれから決めます。残り3億円は地元の民間企業や市民からの出資を募ります。

(追記2)
 えちごトキめき鉄道は、4月26日の取締役会で、一般からの意見などを反映させた経営基本計画を承認しました。

 それによりますと、これまで2両編成以下の列車ではワンマン運転することとしていましたが、長大トンネルがある「日本海ひすいライン」では、ラッシュ時に2両編成で運行する場合などにおいて、車掌も乗せて運行することとしました。また、「妙高はねうまライン」では、JR東日本からE127系を譲り受けることとなっています。このE127系はロングシート仕様なので、ボックスシートを設置してほしいという意見がありましたが、当分はロングシートのまま運用することにしました。開通後の利用状況を見ながらボックスシートの設置を検討するとのことです。

 運賃水準については、新潟県などの支援により現行運賃の1.3倍程度でも経営が成り立つ見通しが出ています。しかし、なお一層の抑制を検討することにより、1.3倍以下になる可能性もあります。
(参考:マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2013/01/24/022/、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20130122-OYT8T01336.htm、信毎web http://www.shinmai.co.jp/news/20130123/KT130122ATI090006000.php、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/area/niigata/articles/TKY201302160263.html、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2013/04/29/197038.html)

|

« 日立市のBRT計画 | Main | 富山県会社と北海道会社の並行在来線経営計画等 »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/56619707

Listed below are links to weblogs that reference えちごトキめき鉄道の経営基本計画(素案):

« 日立市のBRT計画 | Main | 富山県会社と北海道会社の並行在来線経営計画等 »