« 広島-松江、出雲間高速バス、4月1日から松江道経由に変更 | Main | 関空、国際線旅客から保安料を徴収へ »

小倉駅、改名を検討か?

 北九州市の鉄道の玄関は小倉駅。新幹線「のぞみ」も全列車停車する、主要駅です。年間乗降客数は、JR西日本の山陽新幹線部分が約720万人、JR九州の在来線部分が約2600万人です。

 市の名前と主要駅の名前が一致していないのは、北九州市が5市の合併で成り立った市であるため。50年前に小倉市などが合併してできました。そのような経緯もあって、北九州の知名度が低いと言われることもあります。そこで、北九州青年会議所(JC)や北九州青年経営者会議が中心となって、小倉駅を改名する話があるようです。12日に「北九州市の駅名を考える会」を発足させ、市民には駅名変更の是非を、東京や大阪の人には北九州の知名度などを問うアンケートを行い、今年の秋までに北九州市とJRに駅名の変更に関する要望書を提出することを目指します。新たな駅名の候補には、「北九州小倉」「北九州市」「北九州」などが挙がっています。

 問題は市民の間で改名の機運を高めるとともに、改名に伴う費用をどうするか、ということです。看板の書き換えやシステム変更などで多額のお金がかかります。主要駅ほど高くなります。小郡駅が新山口駅に変わったときは約4.3億円をJRと地元が折半しました。西鹿児島駅が鹿児島中央駅に変わったときは約6600万円全額を募金で賄いました。少なくともある程度は地元で賄う必要があります。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/area/news/20130209ddp041020017000c.html、http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20130213ddlk40040369000c.html、http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20130221ddlk40070339000c.html)

|

« 広島-松江、出雲間高速バス、4月1日から松江道経由に変更 | Main | 関空、国際線旅客から保安料を徴収へ »

JR九州」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

市名の方を改名するという発想が出てきてもいいと思いますが。合併当時と違って(以前から?)小倉が名はともかく実質上は都市の顔になっていることですし、「北九州」という広域地名はここらで返上してもらってもいいかと思いますが、やはり市名の場合は駅名改名とは比較にならないほどの出費がありますしなかなか表に出にくいのでしょう。

Posted by: 日置りん | 2013.02.26 at 08:36 AM

 日置りん さん、こんばんは。

* 市名の方を改名するという

 北九州を構成する旧5市で、(吸収合併できるほど)飛び抜けた存在のところはどこもないでしょう。

 たとえ市名を変えたとしても、広域的な名前にならざるを得ません。

Posted by: たべちゃん | 2013.02.26 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/56824106

Listed below are links to weblogs that reference 小倉駅、改名を検討か?:

« 広島-松江、出雲間高速バス、4月1日から松江道経由に変更 | Main | 関空、国際線旅客から保安料を徴収へ »