« うめきた新駅、開業は2023年ごろとさらに遅れる | Main | 北海道新幹線函館アクセス列車は3両編成のロングシート? »

大和、富谷から泉中央駅に急行バスを期間限定で運行へ

 宮城県は社会実験として、今年の秋の2か月間、大和町、富谷町から仙台市営地下鉄泉中央駅へ急行バスを運行します。

 バスの始発駅は大和町役場北側に新たにできるバスターミナル(詳しくは後述します)。富谷町役場に近いひより台のみに停まり、国道4号を泉中央駅に直行します。所要時間は通常のバスより15分程度速い、約30分の見込みです。宮城県の委託を受けたミヤコーバスが、平日朝の通勤時間帯に、泉中央駅行きのみ3本運行します(帰りは運行しないので、通常のバスなどに乗ることになります)。宮城県は新年度に、大和町、富谷町から仙台市に通勤する住民を対象に、社会実験の参加者を募集します。75人以上が目標です。運賃は宮城県が負担し(2013年度一般会計当初予算案に、関連する事業費約800万円を計上しています)、参加者は無料です。

 大和町のバスターミナル、ひより台停留所付近には駐車場、駐輪場を整備します。ここでバスに乗り換えることによって、公共交通を核としたまちづくりと環境対策(二酸化炭素削減)の実現を図ります。また宮城県はこの社会実験を通じて、東日本大震災によって人の動きがどう変わったかを把握し、公共交通のありかたを検討したいようです。

 さて、大和町のバスターミナルは、町役場の北側に4月1日に新設されます。約7200平方メートルあり、約4.15億円かかりました。泉中央駅に行くバスなど3路線、1日38便が発着します。高速バスも仙台駅に行く便、東京に行く夜行便が経由します。ほかに仙台市内の私立高校へのスクールバス、大和町及び周辺の町村の住民バスも立ち寄ります。

 大和町がなぜこのようなバスターミナルをつくったかと言えば、トヨタ自動車系の企業の進出などにより、人口が増えているため(大和町の人口は1月末現在で約2.66万人)。しかし、鉄道はなく、交通は国道4号などの道路に頼っています。このバスターミナルは100台分の無料駐車場のほか、駐輪場、待合室、タクシーの待機場所を備えています。仙台方面に通う通勤・通学客にここでバスに乗り換えてもらい、社会実験同様、渋滞緩和や二酸化炭素削減につなげたいと考えています。
(参考:河北新報ホームページ http://www.kahoku.co.jp/news/2013/02/20130211t13022.htm、http://www.kahoku.co.jp/news/2013/02/20130210t13030.htm)

|

« うめきた新駅、開業は2023年ごろとさらに遅れる | Main | 北海道新幹線函館アクセス列車は3両編成のロングシート? »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大和、富谷から泉中央駅に急行バスを期間限定で運行へ:

« うめきた新駅、開業は2023年ごろとさらに遅れる | Main | 北海道新幹線函館アクセス列車は3両編成のロングシート? »