« E7系、2014年春に長野新幹線で先行投入 | Main | 嵐電嵐山駅から改札口が消えた »

美加の台駅無人化に住民大反発

 南海はこの4月から、河内長野市にある美加の台駅を無人化する計画です。少子高齢化などによる乗降客の減少が理由です。

 美加の台駅には、駅員がいる近くの駅と通話できるインターホンや監視カメラを設置して、利便性や防犯面に支障ができないように配慮されてはいるようですが、住民からの反発は強いようです。2011年度の1日平均乗降人員が4907人と利用者がそれなりにいて(このクラスの駅でも無人化しようとしているのは、よほど南海の経営が厳しいのでしょうか?)、しかも美加の台は約30年ほど前に、南海が住宅地として整備したという経緯が背景にはあるようです。

 このような無人化の流れは、南海のみならず、いろいろなところであります。近鉄の無人駅化計画も記憶に新しいところですが、最近の駅は自動改札などを備えているため、無人駅だからといって運賃の収受漏れの心配がないのでしょう。JR東海の武豊線のところでも書きましたが、人件費のことを考えると、高価な機械を取りつけても投資を回収できると考えているようです。どうしても無人駅を回避したければ、地元自治体がお金を出すしかないでしょう。

(追記)
 南海は2008年まで無人駅が全くありませんでしたが、4月以降は33駅にもなりました。全体の駅数がちょうど100駅なので、1/3に当たる数字です。無人駅は、今宮戎、粉浜、湊、松ノ浜、二色浜、吉見ノ里、淡輪、孝子、伽羅橋、深日町、西ノ庄、芦原町、木津川、津守、西天下茶屋、沢ノ町、我孫子前、浅香山、百舌鳥八幡、萩原天神、狭山、大阪狭山市、滝谷、美加の台、千早口、天見、紀見峠、御幸辻、紀伊清水、学文路、九度山、高野下、下古沢です。

 無人駅が増えているのはほかも同様で、近鉄は全294駅のうち、2008年は32だった無人駅を57まで増やしています。
(参考:朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/national/update/0318/OSK201303180033.html、アド南海ホームページ http://www.adnankai.co.jp/appeal/kouya_passengers.html、MBSホームページ http://www.mbs.jp/voice/special/201304/12_post-246.shtml)

|

« E7系、2014年春に長野新幹線で先行投入 | Main | 嵐電嵐山駅から改札口が消えた »

南海・泉北」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

こちらの記事を丸々パクらせて頂きました。

南海電鉄の無人駅一覧
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1525029/1537329/95135258

朝日やMBSのサイトに無人駅の記述を見つけられなかったためですが、よろしくないと言うのであれば削除します。

Posted by: 日置りん | 2014.07.01 at 01:02 PM

 日置りんさん、おはようございます。

* こちらの記事を丸々パクらせて頂きました。

 これ自体は構いません。

 ただ、南海の無人駅はちゃんと自動券売機、自動改札を備えています。それがあれば基本的な機能を果たせるのでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2014.07.02 at 05:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/57018528

Listed below are links to weblogs that reference 美加の台駅無人化に住民大反発:

« E7系、2014年春に長野新幹線で先行投入 | Main | 嵐電嵐山駅から改札口が消えた »