« 関西広域連合、乗り換えが必要となる「米原ルート」を提案 | Main | 京阪バス「直Q京都号」、3月16日から増便 »

アジア観光客増加の南海、「指さしツール」で韓国語、中国語に対応

 LCCのPeachは、国内線だけでなく国際線も運航しています。韓国、台湾、香港の3路線を運航しています。そのためもあって、関空のアジア観光客が増えています。関空の利用者が増えるということは、そのアクセスである南海の利用者も増えるということです。南海空港線の輸送人員も、2012年4~12月でみると、前年同期比約15%増の約620万人でした。

 しかし、関西空港駅にいる38人の駅員のうち、中国人1人を除いては、韓国語や中国語ができるのはほとんどいません。そこで南海が考え出したのは、「指さしツール」と名付けた10ページのシート。電車の乗りかたや道案内、忘れ物対応などの案内文を、日本語、韓国語、中国語の3か国語でマニュアル化したものです。駅員がシートを指さすことによって、韓国人や中国人などと意思疎通を図るのです。シートは2月6日に、有人全駅に配付しました。関西空港駅の駅員の話では、外国人には急行、区間急行、普通の違いが分かりにくく(日本人でも沿線以外の人にはわかりにくいでしょう)、窓口に応対が短くなったと評価しています。シートを小さくした携帯版もあり、関西空港駅のほか、乗り換え駅である泉佐野や岸和田(特急が急行を追い越します)でも活用されているようです。
(参考:MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130319/wlf13031912340009-n1.htm)

|

« 関西広域連合、乗り換えが必要となる「米原ルート」を提案 | Main | 京阪バス「直Q京都号」、3月16日から増便 »

南海・泉北」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

飛行機、空港」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/57022461

Listed below are links to weblogs that reference アジア観光客増加の南海、「指さしツール」で韓国語、中国語に対応:

« 関西広域連合、乗り換えが必要となる「米原ルート」を提案 | Main | 京阪バス「直Q京都号」、3月16日から増便 »