« 函館線五稜郭-渡島大野間電化工事、4月20日に起工式 | Main | E7系、2014年春に長野新幹線で先行投入 »

富山地鉄、中町に停留場増設

 富山地鉄路面電車の環状線は2009年の末に開業しましたが、合流地点の西町には停留場はありませんでした(そのときの旅行記はこちら)。

 ところが、富山地鉄は、5月17日(予定)に、西町-荒町間の総曲輪通りと中央通りの入口交差点に、富山駅前方面行のみの停留場を新設します(南富山駅前方面行のホームはありません。西町停留場の南富山方面行ホームまで約50メートルしかないからです)。

 新しい停留場の名称は「中町(西町北)」。戦前には同じ位置に「中町」電停がありましたが、戦後に廃止になっています。現在、町名は残っていませんが、かつてあった位置に復活することから、駅名称として復活することにしたものです。また、この新しい停留場は環状線と1、2系統との乗継停留場となることから、「西町北」の副名称を付け、現在の西町停留場と一体運用します。これまで環状線から1、2系統(南富山駅前方面)に乗り換えるには、西町停留場の一つ手前のグランドプラザ前停留場で降り、約200メートルほど歩いて西町停留場の南富山方面行ホームまで歩かないといけませんでした。中町停留場が開業したら、中町停留場から約50メートルほど歩くだけで西町停留場の南富山方面行ホームに着きます。かなりの短縮です。

 停留場のプラットホームは長さ13.5メートル、スロープは6.5メートル。12メートルの上屋を設けます。スロープ付近には横断防止柵を設け安全を確保し、また電車接近装置を設置し運行情報を案内します。停留場設置費用は約5000万円ですが、全額富山市の補助金で賄われます。

 なお、新電停開業に伴い、路面電車のダイヤ改正を行います。詳細は後日発表されます。
(参考:富山地鉄ホームページ http://www.chitetsu.co.jp/?p=5516、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2013/03/18/193849.html)

|

« 函館線五稜郭-渡島大野間電化工事、4月20日に起工式 | Main | E7系、2014年春に長野新幹線で先行投入 »

鉄道」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 富山地鉄、中町に停留場増設:

« 函館線五稜郭-渡島大野間電化工事、4月20日に起工式 | Main | E7系、2014年春に長野新幹線で先行投入 »