« 大変貌の東急東横線渋谷駅を見る(1) | Main | 大変貌の東急東横線渋谷駅を見る(3) »

大変貌の東急東横線渋谷駅を見る(2)

 都営浅草線の日本橋駅に行き、13:58発の羽田空港国内線ターミナル行き快特に乗る。見慣れない電車だと思ったら、千葉ニュータウン鉄道の車両だ。今年できたばかりの新車。

 地下鉄内は各駅に停まっていたが、京急では通過運転。品川を出ると京急蒲田、羽田空港国際線ターミナルに停まるだけ。カーブが多く、決して高速運転がしやすい路線ではないが、攻めるように走る。高架化が完了した京急蒲田を通る。上下線が別々の階を走り、次の駅の手前で合流するのであるが、品川方面から走ると上下逆のところを走っている感じとなる。横浜方面へ直通する列車に合わせて配線を設計したのだろうか?

 羽田空港からは横浜に行きたいが、そのまま折り返すのは面白くないので、いったんモノレールで天空橋まで行くことにする。天空橋には普通しか停まらない。羽田空港第2ビル14:38発のに乗るが、途中で快速に抜かれるため空いている。

 天空橋で京急に乗り換え。昔乗り換えたとき、かなり手間取った記憶があるが、階段を降りるだけで京急のホームに着く。モノレールを降りて2分後、京急の客となる。横浜方面へのエアポート急行だ。

 京急空港線内は各駅に停まり、京急蒲田に到着。日中のダイヤでは、京急空港線の各駅から品川に直通する電車はない。京急蒲田で階段を上り下りする乗り換えとなる。多くの人が降りてすぐに反対方向に出発。乗り降りに時間がかかる、大きな駅の停車時間ぐらいの短さで反対方向に走り出す。

 エアポート急行は、主要駅にこまめに停まる。京急の日中のダイヤは快特と普通の組み合わせなので、中間に入るエアポート急行はちょっと大きい駅の需要に応える、適切な列車なのかもしれない。

 横浜に到着。ここで目指すは昨年7月にオープンした原鉄道模型博物館だ。横浜駅を出てすぐの、横浜三井ビルディングの中にある。駅からいったん地下街に入るが、横浜三井ビルディングの場所が示されているので、それに従って行けばよい。入場券を買って中に入る。

 原鉄道模型博物館は、原信太郎氏のコレクションなどを収めたもの。コクヨの関連会社の社長まで務めながら、鉄道を一生の趣味として極めた、我々の模範とすべき人である。鉄道模型に関しては、リアルさを追求するため、本物の電車のように架線から集電したり、惰性で走ったりするようにしている。レールや車輪も本物同様、鉄だ。博物館のメインである一番ゲージ(軌間45ミリ、縮尺1/32)のレイアウトは、その集大成である。そのレイアウトの横には横浜を題材にしたレイアウトがあるが、一番ゲージのレイアウトを見ると、物足りなく感じる。一番ゲージのレイアウトを見る前に見ておくか、思い切って飛ばしたほうがよい。なお、トーマスの企画展を行っていたため、家族連れの姿が目立った。一番ゲージの迫力は出てからも続く。横浜三井ビルディングの1階には鉄道模型の店がある。そこのNゲージの模型を見ると、いつもより小さく感じた。まるでZゲージみたいだった。(続く)

|

« 大変貌の東急東横線渋谷駅を見る(1) | Main | 大変貌の東急東横線渋谷駅を見る(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

首都圏私鉄」カテゴリの記事

関東・甲信越」カテゴリの記事

京急」カテゴリの記事

東京地下鉄・都営地下鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大変貌の東急東横線渋谷駅を見る(2):

« 大変貌の東急東横線渋谷駅を見る(1) | Main | 大変貌の東急東横線渋谷駅を見る(3) »