« JR江差線木古内-江差間、2014年5月にも廃止 | Main | 「スカイツリートレイン」は南会津へ »

伊勢に路面電車型バス登場!

 今年2013年は伊勢神宮式年遷宮のある年。伊勢神宮への鉄道アクセスを担う近鉄は、新型特急「しまかぜ」の運行を始めました。そして、伊勢市や宇治山田からのアクセスは、バス会社の三重交通が担っています。

 かつて伊勢には、路面電車が走っていました。三重交通のルーツに当たる企業のひとつである宮川電気が1903年に山田(本町)-二見間で運行を始め、1914年には猿田彦神社前-内宮前間が開業、山田駅前(伊勢市駅前)-内宮前・山田駅前-二見間の路線となりました。その後、「神都線」という名で親しまれ、参拝客などの輸送を行ってきましたが、1961年に廃止になりました。

 その路面電車「神都線」を模したバスが7月(予定)に運行開始します。名前は「神都バス」(商標・意匠登録出願中)、ノンステップバスを改造して1両だけつくられ(1両しかないので、めぐり合うのは運次第です)、宇治山田駅前-伊勢市駅前-外宮前-内宮前間(外宮内宮線)を運行します。神都線モ541形式543号車(当時神都線を経営していた東邦電力が大阪鉄工所で製造、神都線に入線した最後の車両)をベースとしています。外装は路面電車特有の丸い屋根、集電ポールを再現し、二段式窓枠を表現しています。(神都線の特徴であった)取り外し式ヘッドライトを再現し、リベットを表現しています。車体の色はクリームと深緑です。内装は木目調の床板及び内装を表現し、金属パイプ類は真ちゅう調としています。室内灯は当時の丸型を再現し、室内モケットは当時の色調を再現しています。なお、当時とは違い、車椅子にも対応しています。投資額は約7000万円です。
(参考:三重交通ホームページ http://www.sanco.co.jp/other/release130405.pdf、毎日jp http://mainichi.jp/area/mie/news/20130409ddlk24020104000c.html)

|

« JR江差線木古内-江差間、2014年5月にも廃止 | Main | 「スカイツリートレイン」は南会津へ »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伊勢に路面電車型バス登場!:

« JR江差線木古内-江差間、2014年5月にも廃止 | Main | 「スカイツリートレイン」は南会津へ »