« 一畑電車、4月から運用を公表 | Main | 阪神、24時間365日利用可能なレンタサイクル「ふらっとリン」を設置 »

ローカル鉄道と路線バスを乗り継いで白川郷まで、割引切符発売

 高速道路が開通して便利になった白川郷ですが、ローカル線と路線バスを乗り継いで、こういう旅はいかがでしょうか?

 長良川鉄道と白鳥交通は、4月20日から、乗継割引切符を発売します。美濃太田-美濃白鳥(もしくは北濃)間の長良川鉄道と美濃白鳥(もしくは北濃)-白川郷の白鳥交通路線バスがセットになっています。美濃白鳥乗継の場合、長良川鉄道が1630円、白鳥交通が2200円の合計3830円(片道)のところ、往復乗車券が5600円、片道乗車券が3000円とかなり安くなっています。美濃太田からの場合、往復なら2060円、片道でも830円お得です。切符は長良川鉄道有人駅、片道乗車券はこれに加えて白川郷観光協会でも発売します。有効期間は往復乗車券は発行日より4日間、片道乗車券は2日間です。途中下車は長良川鉄道内・白鳥交通内ともに有効で、有効期間内であれば、一旦途中下車して、翌日に乗車することもできます。

 ただし、注意しなければならないことがあります。牧戸-白川郷-飯島間のバスは1日1往復だけです。しかも、冬季(11月11日~翌年4月19日)は運休します。このバスダイヤに合わせて行動しないといけません。
(参考:長良川鉄道ホームページ http://www.nagatetsu.co.jp/gazou/H25.4.20sirakawagoukipu.pdf、白鳥交通ホームページ http://www.shirotori-kotsu.com/定期路線バス/時刻表-新ダイヤ-平成25年4月1日/)

|

« 一畑電車、4月から運用を公表 | Main | 阪神、24時間365日利用可能なレンタサイクル「ふらっとリン」を設置 »

鉄道」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ローカル鉄道と路線バスを乗り継いで白川郷まで、割引切符発売:

« 一畑電車、4月から運用を公表 | Main | 阪神、24時間365日利用可能なレンタサイクル「ふらっとリン」を設置 »