« 南海、ゴールデンウィークに1日1000円で乗り放題 | Main | 阪堺、内装に紀州材を使った「ウットラム紀州号」を公開 »

大阪市営地下鉄民営化後の社名は「大阪地下鉄」

 大阪市は、大阪市営地下鉄を2015年度に民営化することを目指しています。

 大阪市がまとめた定款案によれば、民営化後の受け皿となる新会社の社名は「大阪地下鉄」(仮称)です。発起人は100%出資する大阪市で、役員は20人以内、監査役は4人以内。事業年度は4月1日から翌年3月31日です。

 「大阪地下鉄」の行う事業としてはメインの地下鉄のほかに、地域に根差した企業になりたいとして、保育所や託児所、高齢者施設の経営、ホテルやスポーツ施設の運営なども考えているようです。これまでの交通事業で培ってきた、土木工事、建設工事、電気工事の企画、設計、工事管理などに関するコンサルティングなども行います。施設の老朽化診断などのノウハウを活かすとともに、鉄道事業以外での収益確保も目指しています。

 「駅ナカ」については、ATMコーナーの拡大やカプセルホテルの新規設置などを検討しています。ほかに、一時預かりの保育施設や、駅周辺でのランニング人口の増加を踏まえてシャワー施設の設置なども考えています。定款案には、コンビニエンスストアの経営や旅行業、発電業や警備業務も行うとしています。

 もっとも、地下鉄を民営化するには、市議会で2/3以上の賛成が必要となりますが、今のところその賛成が得られる見通しは立っていません。民営化が実現しなければ、定款案をつくっても意味がないことになります。 
(参考:大阪日日新聞ホームページ http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/130309/20130309027.html)

|

« 南海、ゴールデンウィークに1日1000円で乗り放題 | Main | 阪堺、内装に紀州材を使った「ウットラム紀州号」を公開 »

鉄道」カテゴリの記事

大阪市高速電気軌道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大阪市営地下鉄民営化後の社名は「大阪地下鉄」:

« 南海、ゴールデンウィークに1日1000円で乗り放題 | Main | 阪堺、内装に紀州材を使った「ウットラム紀州号」を公開 »