« 大阪市営地下鉄民営化後の社名は「大阪地下鉄」 | Main | 名古屋市「敬老パス」、拡大か? »

阪堺、内装に紀州材を使った「ウットラム紀州号」を公開

 阪堺は、車内に和歌山県の木材(紀州材)を使った、「ウットラム紀州号」をつくりました。

 「ウットラム紀州号」は阪堺が貸切電車の利用促進のため、大阪木材青年経営者協議会と検討し、和歌山県が実施している「紀州材プロモーション事業」で選ばれて実現したもの。通常の車両に木製のテーブルやバーカウンター(ビールサーバーを置くものです)を取り付け、吊革の持ち手も木に交換。床やヘッドマークも木製となっています。現役最古の車両「モ161号車」(1928年製)と標準的な車両「モ701号車」の2形式に着脱式に設置することができます。制作費約400万円は、和歌山県が紀州材のPRになるとして、全額補助しました。ちなみに、阪堺の貸切は年間約200回あるようです。

 「ウットラム」は紀州材の「ウッド」と路面電車の「トラム」を組み合わせた言葉。当面は旅行会社のツアーや飲食店のイベント用として運行されます。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130422-OYT1T00700.htm、あべの経済新聞 http://abeno.keizai.biz/headline/820/)

|

« 大阪市営地下鉄民営化後の社名は「大阪地下鉄」 | Main | 名古屋市「敬老パス」、拡大か? »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 阪堺、内装に紀州材を使った「ウットラム紀州号」を公開:

» 阪堺電車に内装を和歌山県産の木材を利用したイベント車両「ウットラム紀州号」を公開 [阪和線の沿線から]
最近の阪堺電車の話題では、先ごろ導入された「堺トラム」が注目されていますが、一方でこういう話題も取り上げておきたいと思います。 内装に和歌山産の木材、「ウッド電車」発 ... [Read More]

Tracked on 2013.04.25 10:23 PM

« 大阪市営地下鉄民営化後の社名は「大阪地下鉄」 | Main | 名古屋市「敬老パス」、拡大か? »