« 年1回、春分の日だけ運行されるバス路線 | Main | 沖縄鉄軌道、条件次第で黒字になる? »

ICカードの精算に手間取り、飯田線の電車1時間半遅れ

 桜が咲き誇る3月30日の正午過ぎ、飯田線東新町駅に豊橋発本長篠行きの普通列車(2両編成、乗客約50人)が到着しました。飯田線は豊川までしか「TOICA」などのICカードは使えませんが、この駅で4人がICカードでの精算を申し出ました。次の茶臼山駅では16人もの人がICカードでの精算を申し出ました。東新町や茶臼山ではICカードが使えないので、運転士(この列車はワンマンです)が乗車駅の確認や料金の受け渡しなどを行う必要があり、時間がかかります。その結果、3本の列車が最大1時間半ほど遅れ、後続を含めた乗客約230人に影響が出ました。

 飯田線の豊川以北ではICカードが使えないことは以前から変わりませんが(ですから、3月23日のICカード全国共通利用化が原因とは考えられません)、これまでICカードの精算で大幅な遅れが生じたことはなかったようです。私鉄ならローカル線を含めた全駅をICカードが使えるように改良したり(その結果が無人駅の増加につながっているとも言えます。駅員がいなくても運賃の収受ができますから)、ICカードを使うことができる境界駅に乗換改札を入れたりすること(名鉄は吉良吉田、新可児に導入しています)で対応していますが、JRでそれを完全に行うことは非常に厳しいです。効果的な対策はなかなかなさそうです。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/select/news/20130331k0000m040082000c.html)

|

« 年1回、春分の日だけ運行されるバス路線 | Main | 沖縄鉄軌道、条件次第で黒字になる? »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ICカードの精算に手間取り、飯田線の電車1時間半遅れ:

« 年1回、春分の日だけ運行されるバス路線 | Main | 沖縄鉄軌道、条件次第で黒字になる? »