« 関西私鉄でICカードが普及しない事情 | Main | 神奈川県愛川町、鉄道を誘致へ »

関西3空港は神戸も含めて一体経営?

 関西3空港のひとつでありながら経営統合から外れていた神戸空港ですが、このような話が出てきました。

 西村内閣府副大臣は4月29日、ワシントンで講演し、規制緩和や税制優遇を進める「国家戦略特区」に関して、関西での特区構想を明らかにしました。

 関西での特区構想については、再生医療など先端医療産業についてや、富裕層を呼び込むための大阪港でのカジノの運営のほかに、交通面でもあります。空港では関空、伊丹、神戸の3空港、港湾では大阪、神戸の2港を一体運用します。規制緩和で利用を拡大し、物流拠点としての国際競争力を高めます。

 いくら開港当初からローカル空港の神戸とはいえ、一体経営から外れたのは異様な姿だったかもしれません。ただ、3空港も有効活用できるのでしょうか? はっきり言って、供給過剰の状態です。この際、騒音問題が社会問題となり、拡張や24時間運用ができない伊丹をつぶすのが最善の策かもしれません。関空を国内線においてもメインと位置付けるのです。神戸にとっても、伊丹発着の便の一部が神戸に流れるでしょうから、悪い話ではありません。
(参考:MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130430/fnc13043012170010-n1.htm)

|

« 関西私鉄でICカードが普及しない事情 | Main | 神奈川県愛川町、鉄道を誘致へ »

飛行機、空港」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 関西3空港は神戸も含めて一体経営?:

» 【戦略特区構想】関西3空港一体運営 [かにうさぎの部屋]
訪米中の西村康稔内閣府副大臣は29日、ワシントン市内で講演し、規制緩和や税制優遇を進める「国家戦略特区」に関連して、空港や港湾の一体運用や先端医療産業の集積を盛り込んだ関西圏での特区構想を明らかにした。 関西、大阪(伊丹)、神戸の3空港や、大阪、神戸の…... [Read More]

Tracked on 2013.05.12 09:14 PM

« 関西私鉄でICカードが普及しない事情 | Main | 神奈川県愛川町、鉄道を誘致へ »