« 三陸鉄道宮古駅、弁当予約販売始める | Main | 関西私鉄でICカードが普及しない事情 »

南海の売店で買い物すると「サザン」「りんかん」が300円に

 南海は、ビジネス特急である南海本線「サザン」や高野線「りんかん」について、さらなる利用促進を図るため、「ビジネス特急 40%OFF キャンペーン」を行います。

 割引を受けるには、南海沿線の新型売店(従来の対面式による駅売店とは異なる、ウォークイン形式の売店です)「nasco+(ナスコプリュス)」またはコンビニエンスストア「アンスリー」で、300円以上の買い物を行います(切手、プリペイドカードなどの金券類の購入は対象外です)。300円以上購入した人には、1回の購入につき1枚、特急券引換券を300円で販売します(購入金額がいくら多くても、1回の買い物で発売される特急券引換券は1枚だけです。また、特急券引換券は大人のみの販売となります)。特急券引換券は特急券発売窓口で特急券、座席指定券に引き換えることにより乗車できます。特急料金は500円なので、この方法を使えば300円で特急に乗ることができるというわけです。

 「nasco+(ナスコプリュス)」「アンスリー」は合わせて難波、新今宮、天下茶屋、堺、石津川、貝塚、泉佐野、和歌山市、堺東、北野田、金剛、河内長野、林間田園都市の13駅18店舗にあります。大半の特急停車駅にあります。特急券引換券の発売期間は5月13日から8月11日まで、特急券引換券の有効期間は5月13日から8月31日までです。乗車できる列車は、引換有効期間中、始発駅(難波・和歌山市・和歌山港・橋本)を9時以降に発車する「サザン」「りんかん」です。「こうや」「りんかん」を併結して8両で運行している列車のうち、「りんかん」として運行している難波側4両も対象になります。満席にならない限り乗車できます。対象区間は「サザン」が難波-和歌山市・和歌山港間、「りんかん」が難波-橋本間です。

 同じ南海の特急でも「ラピート」「こうや」は使えないのがややこしいところですが、夕方以降に難波を出る「サザン」「りんかん」でも対象になるところは大きいです。仕事や飲み会で遅くなったときは使いたくなりそうなサービスです。

(追記)
 南海の「ビジネス特急 40%OFF キャンペーン」は秋から冬にかけても行います。対象列車は前回と変わらず、特急券引換券の発売期間は11月11日から12月25日まで、特急券引換券の有効期間は11月11日から12月31日までです。

 特急券引換券の発売箇所は「nasco+(ナスコプリュス)」「アンスリー」のほかに、難波駅構内にある「nasco Books」「HIROTA」「551蓬莱」「HOKUO」「Manneken」「サンマルクカフェ」も加わりますが、400~1000円以上買わないと特急券引換券は買えません(金額は店により異なります)。
(参考:南海ホームページ http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/130508.pdf、http://www.nankai.co.jp/traffic/info/tokkyu40off.html)

|

« 三陸鉄道宮古駅、弁当予約販売始める | Main | 関西私鉄でICカードが普及しない事情 »

南海・泉北」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/57348063

Listed below are links to weblogs that reference 南海の売店で買い物すると「サザン」「りんかん」が300円に:

» 南海電鉄、「サザン」「りんかん」の一部列車を割安に利用できる「ビジネス特急40%OFFキャンペーン」を実施 [阪和線の沿線から]
南海電鉄では、同社沿線の新型売店「nasco+(ナスコプリュス)」およびコンビニエンスストア「アンスリー」の利用客を対象に通勤特急(「サザン」「りんかん」)の始発駅を9時以降 ... [Read More]

Tracked on 2013.05.11 at 12:07 PM

« 三陸鉄道宮古駅、弁当予約販売始める | Main | 関西私鉄でICカードが普及しない事情 »