« 三岐鉄道北勢線の現状 | Main | 富田林-金剛間急行バス、2013年も運行か? »

泉北3000系、羽倉崎にいる

 以前にも書きましたように、5日に南海に乗ってきました。

 そのときに、羽倉崎の車庫の様子を車内からみたのですが、泉北3000系が何編成が停まっていました。泉北3000系は1975年から1990年度にかけて製造されました。100系が引退した現状では、泉北高速鉄道では一番古い車両となります。

 その泉北3000系が羽倉崎の車庫にいたのです。高野線ならともかく、羽倉崎は南海本線の車庫です。通常、泉北の車両が入ってくることは想定できません。南海や泉北から正式な発表はないのですが、何らかの動きがあるのでしょうか? 続報を待ちたいところです。

(追記1)
 その泉北3000系ですが、青とオレンジの南海の塗装に塗られ、車番とロゴも南海のものに交換されています。どうやら、南海に譲渡されたようです。

(追記2)
 泉北3000系は、南海でも3000系と名乗っています。どうやら、9月末から3000系は南海本線で走り始めたようです。
(参考:泉北高速鉄道ホームページ http://www.semboku.jp/zukan/syaryo.html、railf.jp http://railf.jp/news/2013/05/26/090000.html、鉄道ホビダス http://rail.hobidas.com/rmn/archives/2013/10/3000_29.html)

|

« 三岐鉄道北勢線の現状 | Main | 富田林-金剛間急行バス、2013年も運行か? »

鉄道」カテゴリの記事

南海・泉北」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 泉北3000系、羽倉崎にいる:

» 羽倉崎検車区に留置されている泉北高速鉄道3000系をみる [阪和線の沿線から]
最近、南海本線を利用していると気になっていた光景があったのですが、先日その現場まで近づくことができました。 南海本線羽倉崎駅に隣接している羽倉崎検車区に、何故か泉北高 ... [Read More]

Tracked on 2013.05.10 11:09 PM

« 三岐鉄道北勢線の現状 | Main | 富田林-金剛間急行バス、2013年も運行か? »